FC2ブログ
Love the mountains !!
山行記録 草津白根山 2011.8
先月丹沢を一緒に縦走してくれたMさんの発案で、草津白根山に行ってきました。
普通なら日帰り山行になるところですが、Mさんが「ココに泊ろうっ!」といって大草原の小さな家のように素敵な芳ヶ平ヒュッテを見つけてきてくれました♪

当初の計画は、
一日目に逢ノ峰・本白根山をまわり、芳ケ平ヒュッテに宿泊。
二日目には渋峠まで上がり横手山ヒュッテできのこスープを食べる!
というものでした。

しかしながら一日目に凄い出来事がありまして、急遽予定変更しました。
なんとー、天皇陛下のご散策に遭遇することになったのです!

本当にビックリしました
皇居の周りを走ってても全然逢わないのに(当たり前)、草津まで来て?!
一生に一度あるかないかの出来事ではないか思いまして、一日目は私達も記念に弓池を散策することにしました!そして、二日目に逢ノ峰・本白根山を回りました。

バスの時間が決まっていたので、下山後に温泉に入る時間が無くなってしまいました。
草津温泉を目の前にして温泉に入らずに帰るなんて、もう笑うしかない・・・。
と思っていたら、バスターミナルのすぐ前に足湯があったので、とりあえず足湯だけでも堪能しました。
凄い嬉しかったです。さすが草津ですね


■草津白根山(芳ヶ平ヒュッテ泊)

【日程】
日程: 2011年8月27日(土)-8月28日(日) 1泊2日(小屋泊まり)
天候: 8/27 終日曇り 8/28 朝晴れ、のち曇り

【アクセス】
公共交通機関:JR高速バスと路線バス利用

★JR高速バス 上州ゆめぐり号(JRバス関東) にて
  代々木/新宿←→草津温泉バスターミナル(片道:早割2500円、普通3200円)
路線バス にて
  草津温泉バスターミナル←→白根火山バス停(片道1100円)

(行き)
8:00代々木
12:40草津温泉バスターミナル
13:10白根火山バス亭

(帰り)
14:06白根火山バス亭
15:30草津温泉バスターミナル
20:50新宿東口

【ルート】
8/27
16:00白根火山レストハウス-17:00芳ヶ平ヒュッテ
8/28
9:40芳ヶ平ヒュッテ-白根火山レストハウス-逢ノ峰-(コマクサリフト)-本白根山遊歩道最高地点-本白根山展望所-ロープウェイ山頂駅-(無料シャトルバス)-13:40白根火山レストハウス

【メモ】
★草津白根山
近年でも火山活動があります。
2009年4月以降、山頂火口から500m以内立入禁止の規制があります。
現在の噴火警戒レベルは、1です。(2011/8/28現在)

★草津温泉観光協会サイト「湯Love草津」
http://www.kusatsu-onsen.ne.jp/hiking/index.html
事前情報収集では、こちらのサイトを参考にさせて頂きました。

★交通費:新宿から 合計8,600円
(高速バス代)代々木/新宿←→草津温泉BT 往復6400円
(路線バス代)草津温泉BT←→白根火山バス停 往復2200円

【写真】
P8270001.jpg
上州ゆめぐり号。
草津温泉まで早割だと片道2500円!!
早割りって別に早く買わなくてもいいみたいです。
早割分の座席数が決まっていて、それが空いていれば前日でも早割料金で買えます。
上里SAで休憩アリ。お尻が、痛い...。

草津温泉バスターミナルで路線バスに乗り換えます。
バスターミナルで切符を購入します。バス亭もすぐに分かりました。

P8270005.jpg
白根火山レストハウスに到着するも、ガスガス。
おそばを食べる私達の周りには、私服に警察の腕章をした人がたくさんウロウロしていて、異様な雰囲気...何事かと..。

事件でもあったのかと恐る恐る聞いてみると、天皇陛下が15時頃に...?!
強面のお兄さんは話しかけたらとっても優しくて、「もし良かったらお出迎えしてくださいね」と!

ヒャー!お天気も悪いし、予定変更ー!
とはいえまだ14時前なので、とりあえず湯釜にでも行ってみます。

P8270007.jpg
湯釜のすぐ近くまで行ける登山道は、2009年4月から立入禁止になっています。

P8270008.jpg
ということで、西側の展望所へ向かいます。ずっと石畳です。
ここは国道が通っているので、ヒールの観光客も歩いています。

さて。
展望所に到着したはずなんだけど...。
P8270012.jpg

エイッ!
っと晴れオンナパワーでガスを吹き飛ばします。
あっち行けー。

IMG_6454.jpg
おおっ。見えてきました!
エメラルドグリーンに見えるのは、火山ガスに含まれる塩化水素や二酸化硫黄が水に溶け込んでいるからだそう。
pHが1.0前後の超酸性湖!!

展望スペースは結構広いです。
ボヤボヤしてたらあっという間に15時に...レストハウスまで降ります。

IMG_6458.jpg
レストハウスのすぐ向かいにある弓池です。
これから天皇陛下がここを散策されるとのこと!

初めてのお出迎え。テレビでよく見るシーンだぁ....。
っておバカな感想ですみません。

IMG_6460.jpg
ヒャー。
手を振ってくれました!
うわぁ...これまたテレビと一緒だぁ
って他の感想がなくてすみません。

IMG_6469.jpg
手ぶらではなく、リュックなところが素敵です。

散策を終えられて、お見送りまでしっかりしてきました!
警備の方々は、規制するに辺り、誰にも不快な思いをさせないようにとても気を使っているのが分かり、プロなんだなぁとほとほと感心致しました。

さて、すっかり遅くなってしまいましたが、芳ヶ平ヒュッテに向かいます!

IMG_6561.jpg

大草原に映える赤い屋根
到着が遅くなってしまったので、「遅いよー!心配したよーっ!」って怒られる...。

ご...ごめんなさい。

とても素敵な時間と音楽の流れる心地よい空間でした。

hyutte_co.jpg

今夜も誰かがランプの明かりでお夕飯を頂いているのかなぁ

さ。
あっという間に翌朝です。

IMG_6532.jpg
イイナー。私もまだゴロゴロしていたいケド...。

出発しなくちゃ。

IMG_6520.jpg
芳ケ平湿原。
ヒュッテのすぐ裏です。早朝散歩は朝露で濡れるので、ゲーターがあったほうが良いです。

IMG_6521.jpg
紅葉が始まりかけていました。
もう今年の夏も終わりですねぇ。

IMG_6511.jpg
芳ヶ平ヒュッテはスカイライン命名の地だそうです。
お天気が良いと足取りも軽い!
白根火山のレストハウスまで戻ります。

P8280034.jpg
あっという間に雲も上がってきてしまいましたが、昨日よりは視界もイイ!

まず向かうのは逢ノ峰 2109.9m です。
P8280028.jpg
展望台がありました。

IMG_6573.jpg
ズームで撮影した白根山。
立入禁止なんだけど、人影が見えたような....?
観測を行ってる人かもしれませんね?

IMG_6574.jpg
次はコマクサリフトに乗ります。

リフトを降りて少し歩くと、涸釜です。
あそこのとんがりが本白根山展望所です。
IMG_6578.jpg

本白根三角点も毒ガスの為立入禁止です。
まずは、白根探勝歩道の最高地点へ向かいます。

IMG_6582.jpg
登山道は、全般的にとても歩きやすいです。

IMG_6584.jpg
遊歩道の最高地点は、THE道の途中という感じでした!
2150mです。

次は、本白根山展望所。
こちらも展望ゼロでした。
IMG_6589.jpg

ということで、この後レストハウスまで戻り、再び路線バスでバスターミナルまで戻りました。
高速バスの出発までのわずかな時間でしたが、
ソフトクリームを食べながら足湯を堪能して、帰路に着きました。


【Diary】
今回、お天気には恵まれませんでしたが、一生忘れない山行になりました。

芳ヶ平ヒュッテはとーーっても素敵な時間と音楽の流れる小屋でした。
また必ず遊びに行きたいです。
芳ヶ平ヒュッテのお父さんとお母さんと4匹との出逢いに感謝します。

本当に想い出深い山行になりました


スポンサーサイト



Posted by Kei
comment:0  
[草津白根山]  thema:登山 - genre:趣味・実用
山行記録 黒斑山 2010.1
昨冬シーズンの山行記録です。

山登りが楽しくて仕方がないっ!と思い始める頃に、恐らく誰もが考えるであろうコトを私も考えました。
山の夏って何てあっという間に終わってしまうのだろう・・・。
何とかして冬も山に行けないだろうか・・・。

しばらく悶々とした後、思い立ったが吉日とばかりに、ある日突然スノーシューを買ってみたりしました。ネット通販で1万円。そして早速出掛けて行ったのが黒斑山なのです。

実は、この黒班山の山行から帰ってきて、まっさきにアイゼンを買いに行ったのですが・・・。
スノーシューをほとんど勢いで買ってしまったので、よく考えていなかったのですが、
スノーシューとアイゼンでは用途が全然違うのですね (・◇・ )

スノーシューハイクを楽しむという観点だけからみると、
この後に行った 北八ヶ岳(縞枯山・茶臼山)や入笠山の方がお薦めかもしれません。

黒斑山はアイゼンデビュー向きかな?
でもこの日は、トーミの頭まではスノーシューの方が歩き易かったし。
登山道は終始同じ状態ではないので、長い山行の場合には、必要に応じて履き替えたりするのかぁ・・・ってことに遅ればせながら気が付き、靴を抱えてアイゼンを買いに行きました。

そしてスノーシューハイクを重ねるうちに欲しくなってしまった、MSR
でも結構高いしなぁ、本当に必要な時が来るまでもうちょっと今のコで頑張ろうかなぁ・・・。


■黒斑山でスノーシューデビュー

【日程】
日程:2010年1月30日 日帰り
天候:曇り時々晴れ
駐車場:アサマ2000パーク 駐車場

【ルート】
アサマ2000パーク-トーミの頭-黒斑山山頂-トーミの頭-アサマ2000パーク

【メモ】
★登山道
登山者がそれなりに多く、登山道が狭くなっているところなど堅く踏み固められていました。
結果、スノーシュー歩きにそんなに向いたコースではないのかも・・・と思います。
実際、アイゼンの人の方が多かったです。
(トーミの頭まではふかふかの雪でスノーシューでも歩き易かった)

【写真】
IMG_2404.jpg
初めての雪山。
ゆるやかな傾斜に見えるけど、意外と体力消耗しました。

IMG_2408.jpg
樹林帯を抜ける直前のこの感じ。
夏とはまた違うワクワク。

IMG_2416.jpg
寒くて鼻ミズが・・・。

IMG_2422.jpg
黒斑山頂から眺める浅間山。少しガスがあがってる。
黒斑山は浅間山の外輪山です。
浅間山は百名山なので、代替としてこの黒斑山に登るそうですね。
それにしてもまた何ともほっこりする形の浅間山。
いつか山頂まで行けるかな~?
(2010年12月1日現在警戒レベル:1)今って結構チャンス?!

IMG_2436.jpg

【Diary】
念願のスノーシューデビュー♪

山頂はそれほど広くはないのですが、浅間山を眺めるのに最高のスポットでした。
浅間山は三歩くんが子供の頃に登った山ですね ^^

下りはところどころ、シリセードでした。
雪山楽しい!

スノーシューは、大きく沈まずに歩行できるように、という目的の為のもの。
当たり前か・・。つまり、「深い雪」に対して有効ということを学びました。

Posted by Kei
comment:0   trackback:0
[黒斑山]  thema:山登り - genre:趣味・実用
| HOME |