FC2ブログ
Love the mountains !!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Kei
 
[スポンサー広告
山行記録 奥多摩 川苔山 2012.2
先日の高尾山、残念ながら日の目を見ることがなかったMさんの軽アイゼン。
せっかく買ってくれたので何とかこの冬デビューさせてあげたい・・・。
本格的な雪山ではダメだし、どこかいい感じに雪が積もってるところがないものかと探していたところ、どうやら奥多摩には雪があるらしいと聞きつけました。さらには凍ってる滝もあるらしい・・・もしかして、氷爆ってヤツでは?!

それは是非見たい~

ということで、百尋ノ滝~川苔山という山行に決定しました。
寒いのが大の苦手なMさん、もし雪の上を歩くのが本当にダメだったら、滝だけ見るだけでも大満足だし、そこで引き返せばOK!ということでバッチリな計画です。

木曜日、金曜日と東京でもうっすら降雪があったので、奥多摩でもさらに積もったかも?!
奥多摩で新雪歩けちゃうなんて、ちょっとラッキーなのでは!!
期待を胸に、満を持しての出発デス!!


■冬の奥多摩 川苔山&氷爆ハイキング

【日程】
日程: 2012年2月18日(土) 日帰り
天候: 晴れ

【アクセス】
公共交通機関:JR線
(行き) 08:50 奥多摩駅着 タクシーにて川苔橋まで約5分、約1500円
(帰り) 18:13 鳩ノ巣駅

★路線バスorタクシー
中央線の特快に乗る予定が間違えて各駅に乗ってしまうというアホな私のせいで、予定してたバスに乗れず、駅前に1台だけ止まっていたタクシーに乗ってしまいました。タクシーが出払っていて1台も居ないこともあるのかもしれません。
路線バスだと、奥多摩~川苔橋バス亭まで 13分/250円 です。

【ルート】
9:00川乗橋-9:50細倉橋-11:00百尋ノ滝11:15-13:45川苔山山頂14:30-14:50船井戸-17:30鳩ノ巣駅



【メモ】
★お手洗い
奥多摩駅で絶対にお手洗に行くべし!!です。
細倉橋のところに新しい発電式の簡易トイレがあると書いてあったので、駅で寄らずに大失敗しました。
冬季は使用禁止でした
結果、下山後の鳩ノ巣駅までノートイレです。

★軽アイゼン
Mさんに買ってもらった軽アイゼンは4本爪です。
「高尾山に行く」と言ったら、お店の人は猛烈に6本爪を薦めてきたそうです。
最近は6本が主流なんですかネ?
6本はちょっと重くて、どうしよう・・・と悩んでいたので、絶対に4本で十分!!と。
値段もお手ごろ、携帯性と、それと何より軽いのがいいと思うんです。突然400gずつ片足に付けて歩かされたら、女子には結構厳しいんですヨー。雪山キライになっちゃうかもしれないもん!

【日記】
P2180063.jpg
本日の出発は、奥多摩駅からタクシーで5分の川苔橋バス亭です。

タクシーの運転手さんに「滑らないようように気をつけてね。行ってらっしゃい!」と見送られ、いざ出発です。
『ひゃくじんのたき』って読んでたケド・・・ひゃくひろだった

P2180064.jpg
入口のゲートです。林道には数センチの雪。
ここでいきなりアイゼンを付けてる人を発見。早過ぎると思うけど、人それぞれだからネ。
その後、ガッガッっとロボットのような足音で追い抜いていかれました。

P2180065.jpg
しばらくは林道を歩きます。

やっぱり積もったばかりみたい!サクサク進みます。

枝の雪が風に舞って陽に当たってキラキラと降ってきます
いいねぇいいねぇ雪山!いいでしょーいいでしょー!なんてウキウキです。

P2180066.jpg

1時間弱で細倉橋が見えて来ました。
待ちに待ったトイレ~!!

P2180070.jpg

トイレ~トイレ~!!

P2180071.jpg

そして・・・。

P2180072.jpg

まさかの使用禁止

考えられないことじゃなかった・・・痛恨のミス!!

下山後の鳩ノ巣駅までノートイレ決定。
もう既にトイレに行きたいのに・・・うーーあーーいやーーー。
仕方ない。トレイのコトは綺麗さっぱり忘れよう。
心頭滅却すれば火もまた涼し。・・・なわけないけど。

ちなみに遅刻してきた私を奥多摩駅でじっと待ってくれてたMさんは、もちろん駅でしっかり済ませていました。ホント出来る子なんです。

気を取り直して!

P2180075.jpg

林道から外れていよいよ山の中に入っていきます。
ここから先は川苔谷と言われる沢沿いを、時には橋で右に左に渡りながら登っていきます。
静かな谷あいといった雰囲気で気持ちがスーッとするような素敵な場所でした。

そして、いよいよ軽アイゼンの出番です。
Mさんは家で練習してきたらしく、すぐに装着完了!ホントできる子
私のほうがモタモタ。

初めての軽アイゼンの感想ですが、
こんなちっちゃくて、本当に役に立つのかな?と心配だったけど、付けてみると、全然違う!一気に歩きやすくなる!!と感動してました。

それにしても落ちたら沢の細い道!
橋も多くて、高所恐怖症の人にはちょっぴり過酷かも?!

P2180081.jpg

慎重に歩みを進めていくと、

P2180079.jpg

次第にこんな氷柱が出現!!
奇麗ですよねぇ・・・芸術だわ。

ドキドキの谷歩きもいよいよ終盤、スタートから2時間でようやく百尋の滝に到着しました!!
水の流れる大きな音が聞こえてきて、あちゃーもう遅かったのかな?!

P2180092.jpg

でもまだまだ大部分が凍ってるヨー!!
その真ん中を上から勢いよく水が流れていました。

時折ズドーンと音を立てて氷が崩れ落ちていました。
あんまり真下まで行くと危ないかな?!

P2180093.jpg

P2180094.jpg

それでも近くまで行ってみるとスゴイ迫力です。そして超寒いの!!

P2180097.jpg

こちらが、横から撮った写真です。
中心の部分がもう水が流れているところです。
結構な勢いで、近づくと水しぶきがかかって冷たいのなんの~。
あんまり長居は出来ませんでした。

今度は完全凍結のときにも来てみたいなぁ!!

さ!

次の目的は川苔山の山頂です。

P2180099.jpg

滝を過ぎた後、足毛岩の分岐があり、山頂まで二つの道があります。
一週間前うっかり右側に行ってラッセルだった方の記事を読み、メジャールートである左の道を選びました。

山頂が近づくにつれて次第に雪が多くなってきました。
モフモフで結構しんどくてちょっと笑っちゃいました。

P2180104.jpg

でもここを登りきれば山頂....!
と思って2回くらい騙されます。

人の話し声が聞こえてきました。ようやく山頂デス!!

P2180105.jpg

川苔山 1364m 山頂も雪がたくさんでした。
そして雪だるマンもー!!作ってくれたヒト!!ありがとう~

山頂は大勢のグループで賑わっていました。

ワインを数本持込んで宴会中のおじ様方も・・・。
「寒くないんですか?」って恐る恐る聞いてみたら、「飲んでるからあったかいの。」と。
なるほど・・・羨ましい~。
ちなみにこの方々、下りは「酔っ払い運転~!!」と笑いながらすごい勢いで下っていきました。

もう14時近くですが、ようやく本日のお昼です。
山頂は寒いので、サッサと食べて温まる、日進カップヌードルのリフィル(真空パック版)+ウィンナー投入です。

時間も遅いので、チャッと食べて、すぐ下山開始です!

P2180113.jpg

下りは鳩ノ巣駅へ下ります。

駅前まで下山できるので、バスの時間などを気にしなくて良いのがいいですね。

P2180115.jpg

こちらの登山道のほうが雪が少なかったです。
中腹からは日陰のみ残っている感じで、早々にアイゼンも外しました。

いったん林道にでます。林道に降りる階段です。

P2180117.jpg

林道を少しだけ歩いてすぐにまた登山道に戻るのですが、
看板に気が付かず、ずんずんと林道を歩き続けないように注意が必要です。

P2180118.jpg

里が見えてきました!

いよいよ本日の山行も終わりです。

そしてずっと考えないようにしてたけど・・・。
やっとお手洗に行ける~!!!

P2180120.jpg

鳩ノ巣駅に着いたら暗くなり始め、電車を待ってる間にあたりはすっかり真っ暗になりました。

Mさんの雪山ハイクデビュー!
硬くなったザクザクの雪の上にモフモフの雪があって、とっても楽しい雪歩きでした。

良かった良かった。

アイゼンは今日のうちによく拭いて乾かして錆止めをしておくように云々と人に言っておきながら、
帰ったらバタンキュウで寝てしまいました。

それから今日の忘れ物・・・サングラス。
雪がこんなにあると思わなくて持って行かなかったんですが、眩しくてキツかったです。
これからはどんな時も必須にします。


スポンサーサイト
Posted by Kei
comment:5  
[川苔山]  thema:登山 - genre:趣味・実用
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。