FC2ブログ
Love the mountains !!
体組成分析カルテ -after a month of Diet & Exercise-
ダイエット決意から一ヶ月
途中経過の報告です。

測定は前回 2011/5/24 から約一ヶ月後の 2011/6/26 です。
すごい成果が出ました!
運動を始めたら、身体を動かすのがすっかり楽しくなってしまって、
ついついハイペースになってしまいました。

筋肉量(kg): 33.6 → 34.1 (+0.5)
体脂肪量(kg): 14.8 → 13.5 (-1.3)


お陰で、体脂肪率も27.1%になりました いやぁ....結構頑張りました。

先日の八ヶ岳山行でも、運動の成果を実感しました。
登りで息が上がらなかった!
息が上がらないけど、足も上がらない....。
足が重た~いのは、いつもと同じかそれ以上のような気がしました。
(息があがると、苦しくてそちらに意識が集中するかと思うんですが、それがない分足の重さに意識が集中したのかも...)これは足の筋肉をもっと増やさないと解消しないのかな...。



それにしても、この一ヶ月の努力と成果を見てみると、
脂肪を減らすより、筋肉を増やすことの方が断然大変だと実感します。
増えた0.5kgの内訳はほとんど脚の筋肉ですね。それでもまだまだ標準以下で少なすぎます。
体幹の筋肉というのはいわゆるインナーマッスルなのかなぁ。
鍛えるの一番難しいところですよね。

ちなみに体重と骨格筋量と脂肪量のバランスですが(右上の棒グラフ)、
私のは典型的な肥満型です。隠れてもいない。



まだまだ脂肪過多です。
まずは脂肪と筋肉のグラフが同じ長さになることを目指します。

ダイエットで一番大事なことはモチベーションの維持!
私の場合、職場で隣に座っているスレンダーなSさんに助けられています。
大好きなカプリコをもう一週間も食べてない....と話したところ、
  「カプリコ?何ソレ?それって食べなくても生きていけるでしょ?」
真面目に、そしてとても不思議そうな顔をして聞いてきます。
うん...そんな気もする。

彼女のお陰で頑張れています。
だってやっぱり美しい後姿とか、憧れるし

そして、ここまで成果が出た一番の要因は、仕事が暇だったコト!
何と言っても毎日定時で帰れていたからこそ。
喜んでいいのやら微妙ですが...。
でも、仕事が忙しくなったらダイエットなんていっきにアウトだもの。
どうかあと2ヶ月くらいは大きな仕事が来ませんように....。


◆ダイエット記録
体組成分析カルテ 5/24

◆この一ヶ月にしたこと
・ダイエット関連の本を読んだ(10冊くらい)
・美脚関連の本を読んだ(5冊くらい)
・3食の食事内容は特に今までと変えない
・お腹いっぱいになったら、たとえあと一口分でも食べないで残す
・夕食は20時前に食べる
・夕食の前に野菜スープを一杯飲む(週末に作り溜め)
・牛乳とヨーグルトは低脂肪にする
・ほぼ毎日食べていた間食の菓子パン(チョココロネやチーズドーム)をやめる
・おやつはだいたい15時に食べる
・21時以降は何も食べない(寝る前にお腹がすいたらホットミルク)
・ポテトチップスはせめて週1回にする
・カプリコはせめて週1回にする
・毎朝晩体重計に乗る(ダイエットマメグラフで記録)
・エレベータは無きものと思う(でも上りは汗だくになるので無理...)
・運動する(外ラン・ジムでウォーキング、バイクやクロストレーナー)
・ランに行く前になるべくレッグマジックXを1分間
・ジムでは筋トレを先に
・運動の記録は、スマートフォンのアプリで記録する
・ホットヨガに行った(1回だけ)
・骨盤調整の整体を受けた(1回だけ)
・半身浴・足浴をする(週に1回程度)
・入浴中は足首のストレッチ
・睡眠時間は7時間以上とる

今思いつくのはこれくらいかな~

2ヶ月目突入です!
来たれ夏山!軽快ライトボディ目指して引き続き、頑張ります!



スポンサーサイト



Posted by Kei
comment:4  
[日記]  thema:ダイエット - genre:ヘルス・ダイエット
山行記録 天狗岳 2011.6
週末、八ヶ岳に行ってきました

今年の1月に体調不良で敗退した天狗岳。
1月は唐沢鉱泉でしたが、今回は桜平をスタート地点に選びました。
夏沢鉱泉からオーレン小屋、根石岳を経由して東天狗、西天狗をピストンしてきました。

編笠山・権現岳や赤岳もまだ行ったことがなくて、行ってみたいところはたくさんあります。
八ヶ岳って八ヶ岳だけにピークがたくさん!登山口・ルートもたくさんあって、つまりは選択肢がたくさんあります。あり過ぎて優柔不断な人間にはツライ...。

こちらのサイトのコース地図は全体像がざっくりと分かり易く把握出来て、大変助かります。
八ヶ岳登山ルートガイド
http://www.yatsugatakes.com/index.html

今回は仕事先の方々とご一緒させて頂きました。
とはいえ今は部署が皆バラバラです。会社では顔を合わせられないので、夜中に、skype会議でこういった地図や天気予報や山行記録を共有しながら計画を立てています。何ともハイテクな時代です。


■八ヶ岳山行(桜平-夏沢鉱泉から天狗岳)

【日程】
日程: 2011年6月19日(日) 日帰り
天候: 予報に反して回復せず、曇り
    稜線はガスワンダー...八ヶ岳っていつ晴れるんだろうー?!

【駐車場】
桜平駐車場(無料・約70台)
手前のほうに止めたら思いがけず登山道入口がすぐでした。

【ルート】
9:50桜平-夏沢鉱泉-オーレン小屋-根石岳-東天狗-西天狗(ここで折り返し)-東天狗-根石岳-夏沢峠-オーレン小屋-夏沢鉱泉-桜平16:00

【メモ】
★Yahoo!天気情報
-茅野市ピンポイント天気-

★唐沢鉱泉との分岐から桜平までの道路
結構ハードでした。割れたバンバーなどが落ちていました。

★温泉
縄文の湯 日帰り入浴400円(安い!)
露天風呂アリ・地元の方々ご愛用といった感じでした。

【写真】
P6190001.jpg
唐沢鉱泉と桜平の分岐です。

ここから桜平まで、悪路です。悪路って書くと大変申し訳ないんですが、、
だって道は別に悪いことしてないしネ..。
横着して、車で入ろう!って方が悪いんです。
とにかく道中割れたバンパーが何個か落ちていましたので、車高が低い車はNGだと思います。

P6190002.jpg
桜平です。登山道に近い駐車スペースが空いていましたので、ラッキーでした。
到着が9時過ぎと遅かったので、9割がた埋まっておりました。
晴れてたら駐車スペースが無かったかもなぁ。

P6190003.jpg
登山道入口です。スタート♪
先日の筑波山があまりにも暑くて、今日は短パンにしてしまったけど、ちょっと寒い...。

夏沢鉱泉までは、車も通る道路を行きます。(一般車はNG)
なかなかどうして地味にしんどい登り坂です。
歩き始めるとすぐに温まります。暑い!短パン正解!

そしてあっという間に夏沢鉱泉に着きます。
夏沢鉱泉の標高は2050mです。立ち止まると汗が一気にヒョーって冷えていきます。

P6190009.jpg

旗が!ネパールのベースキャンプみたいです。
小屋内は、昨日から泊まっていて下山してきた方たちで賑わっていました。

行きも帰りもこちらでお手洗いをお借りしました。
チップ100円。水洗で綺麗なお手洗いでした。

P6190006.jpg

「タルチョ祭」 
何かは知りませんが、美味しそうな名前のお祭りです

さて次はオーレン小屋まで!
またまた地味にしんどい登りです。30分ほど。

P6190015.jpg

オーレン小屋の名前の由来が気になったので、帰ってきて調べてみました。
オウレン(セリバオウレン・ミツバオウレン)という高山植物の名前からきているそう。
花の名前の山小屋っていうのもまた素敵ですね
「山びこ壮」とかの直球な感じも好きだけど。

P6190016.jpg
女性スタッフ募集中
一週間くらいなら仕事休めるんですが...、超短期とかダメかな?
「料理が得意な方」 ... ハードル高し...

P6190013.jpg

小屋の前に積んであった薪です。
同行のWさんが、この写真をデスクトップにするんだと言うので、真似して私も撮ってみました。
面白い!なかなかイイ感じかな?秋冬向きの壁紙ですね。

P6190017.jpg

ひとつめのピーク、箕冠山です。
根石岳方面へ向かいます。

この後いよいよ樹林帯を抜け、ガスワンダーに突入です。
P6190025.jpg
稜線は風が強くて、とにかく寒い!
視界もほとんどナシ!

P6190018.jpg
根石山荘です。ワイルドな外観とは裏腹に優しい小屋番さん。
何と暖かいお茶を出してくれました。
そんなに優しくされたら、もう旅立てなくなってしまいます。

P6190021.jpg
根石岳(イメージ図)
小屋内に飾ってあった写真かと思いきや油絵でした。
有難く心に刻みます。

二つ目のピーク、根石岳です。2603m
P6190023.jpg

いよいよ天狗岳!まず東天狗から。

続いて西天狗のピークです。
P6190034.jpg

東より西天狗の方が開けているので、ランチを広げるのに良いかも知れません。

P6190047.jpg
今回の山行で一番の危険スポット!
両端がスッパリ切れ落ちているので、ドキドキです。
晴れてたら下まで見えてもっと怖いかも。

P6190050.jpg
帰りは夏沢峠を経由しました。
ヒュッテ夏沢とバックに硫黄岳ですが、全貌は分からず。
また来るからいいもん。

P6190057.jpg
スーパーマクロモードで撮影してみました。
デスクトップの壁紙はこっちの方がいいかなぁ♪

【Diary】
梅雨の合間の新緑は本当に美しいですよねぇ。
水を含んだ森全体がしっとりしていて、樹林帯歩きは本当に心地よくて、心もしっとりしました。
頬ずりしたいくらいにラブリーな苔もたくさんありました。
あちこに新芽や蕾があってエネルギーももらえました。

それもこれも長い冬があってこそ。
四季って本当に奇跡みたいなものだと思います。

これであと稜線の展望がドドーン!とあれば...。
八ヶ岳って一体いつ晴れるの~?!

この日は、高速道路の休日上限千円ラストでした。
渋滞覚悟で出かけましたが、お天気の悪さもあってか想像した以上に渋滞はありませんでした。
帰りが遅かったのもありますが、いつもの小仏トンネル手前の渋滞だけでした。



Posted by Kei
comment:0  
[天狗岳]  thema:登山 - genre:趣味・実用
山のバッジ
最終更新日 2012.4.4 雲取山追加♪
---------------

2010年の夏から買うようになって、今のところ20個くらい集まりました
山には限りがないけれど、お金には限りがあるので、バッジを買うのはなるべく百名山だけにしようと思っています。でももうすでにチラホラ買っている…。

バッジ売切れ、なんていうことも時々ありますよね。
近場であれば「また来よう!」と前向きになれますが、遠征の場合には相当へこむと思います。

さてさて。
このバッジが百個集まる頃には、
私はどんな女性になっているか楽しみです


------------
山名/標高/購入場所/購入日
------------

No.- 高尾山/599m/山頂の小屋/2012.2.11
冬は空気が澄んでいて眺めがとてもよかったです。焼き立ての天狗焼も美味しい!!

21-2.jpg
No.21 安達太良山/1700m/くろがね小屋/2011.2.19
初めての小屋泊は温泉付 最高でした。小屋の軒先に黒い鐘がホントにあります。

25-3.jpg
No.25 筑波山/877m/御幸ヶ原の売店/2011.6.4
可愛さでは随一。ガマの油の口上で有名な筑波山ならでは

ozefix_c.jpg
No.26 燧ヶ岳/2346m/燧小屋/2010.8.?
お花は水芭蕉。水芭蕉の時期も行ってみたいと思いつつ、結構早いので気が付くと終わっている・・・。

36 (2)
No.36 谷川岳/1963m/肩ノ小屋/2010.9.11
日本3大急登の西黒尾根を行く!3大とはいえ、私の中ではそんなに大変なほうではなかったなぁ。
急登過ぎて逆にハイテンションだったりとか、日帰り荷物で軽かったから、とか。理由は色々あります。


No.42 草津白根山/2165m/白根火山レストハウス/2011.8.27
白根山も本白根山も雲の中でしたが、天皇陛下のご散策に遭遇し、またとっても素敵な芳ヶ平ヒュッテに泊まることが出来て、凄い山行でした。

kinpu-1_c.jpg
No.47 金峰山/2595m/みずがき山荘/2010.11.21
バッジにも五丈岩が。三度目の挑戦でようやく登頂しました!

kumotori1
No.49 雲取山/2017m/雲取山荘/2012.3.31
初めての雨中山行でした。2日目に寄った三条の湯はとても良かったです
お風呂の後、お祭りのバス亭までの林道歩きは長かった~!

tounodake_f_c.jpg tanzawa_F_c.jpg hinoki_f_c.jpg
No.51 塔ノ岳/1491m/尊仏山荘/2011.7.9
   丹沢山/1567m/みやま山荘/2011.7.9
   檜洞丸/1601m/青ヶ岳山荘/2011.7.10
登っては下って登っては下って、いくつものピークを越えるドMの世界でした。
丹沢最高峰の蛭ヶ岳(1673m)のバッチだけ買い忘れるという・・・。また行こうかな~。

55-3.jpg
No.55 五竜岳/2814m/五竜山荘/2010.8.7
想い出すのはやっぱり牛首...。バッジもいかつい。五竜山荘、テン場のロケーションが素晴らしいです。


No.- 唐松岳/2696m/五竜山荘/2010.8.7
ガスの中でほとんど視界がなくて、どんな山か分からなかったです。唐松山荘のお手洗いがすごく綺麗だった!

tateyama-1_c.jpg
No.58 立山/3015m/室堂/2010.10.26
10月26日 この日は立山に初雪が舞いました。舞うというか、山頂なんてもう吹雪の中でした。
とても想い出深い山行です。

yari-1_c.jpg yarigatake-fix_c.jpg
No.63 槍ヶ岳/3180m/槍ヶ岳山荘/2010.9.25
JAPAN-ALPS!MOUNT-YARIGATAKEです!3180mです。日本では五番目の高い山です。


No.64 西穂独標/2701m/西穂山荘/2012.3.14
厳冬期北アルプスデビューは、西穂独標の日帰りでした。

65 (3)
No.65 常念岳/2857m/常念小屋/2010.7.24
人生で初めて買った山バッジ。なかなか渋い。一の沢の登り、相当しんどい!


No.- 燕岳/2763m/燕山荘/2011.5.4
ピッケルデビューした燕岳!だけどバッジはハーケン。
燕山荘は「つばくろさんそう」ではなく「えんざんそう」と読みます。



No.72 八ヶ岳-天狗岳/2646m/夏沢鉱泉/2011.6.19 ガスワンダー!展望ゼロもまた想い出。
No.72 八ヶ岳-天狗岳/2646m/黒百合ヒュッテ/2011.12.23 まるでスノードームの中


  senjyo-fix_c_20110617124056.jpg
No.78 仙丈ケ岳/3033m/仙丈小屋/2010.9.18
南アルプスの女王の名にふさわしい山容でした。雷鳥に出逢いました。
仙丈小屋はアパートみたいに立派でビックリ。

   
No.79 鳳凰山/2840m/鳳凰小屋・薬師岳小屋/2010.9.3
鳳凰三山。何度でも訪れたい大好きな山になりました。右のバッジは地蔵のオベリスク♪

  
No.80 北岳/3192m/北岳山荘/2010.10.9
No.81 間ノ岳/3189m
No.- 農鳥岳/3026m
白峰三山。私の人生で一番愛おしい山々です。

[Pic]
No.100 宮之浦岳/1935m/
私の登山Lifeの始まりになった宮之浦岳です。
この頃は、山バッジの存在を知りませんでした。
夫はまだ行ったことないので、いつか一緒に行けるといいなと思います。


Posted by Kei
comment:0   trackback:0
[▲山のバッジ一覧]  thema:登山 - genre:趣味・実用
Custom-made bookcase
本棚屋さんで本棚を買いました。

増え続ける旦那の本の収納場所に困り、カウンター下にちょうどよいサイズの本棚を探していたのですが、なかなか合うサイズがありませんでした。
そんな時、サイズオーダーできる本棚屋さんをネットで見つけました。
幅と高さが1cm刻みで!奥行きは5cm刻みです。
サイズを測り間違えたらもともこもないので、慎重に...。

注文してから2週間ほどで届きましたので、早速組み立て!
(一定のサイズ以内であれば、組み立て品が届くそう、又は完成品で送ってもらえる有料オプションも有)

hondana1_c.jpg

そこそこ器用?な女性(私)で、説明書を見ながら、コーヒー飲んで休憩しつつ、とのんびり作業で1時間ちょっとで完成しました。出来上がった時には、汗だくになりました。
ドライバーを回すのって意外と力がいるんですねぇ。

「ドライバーの1番と2番が必要です」と書いてあるのですが、家にある数本のドライバーには番号が書いてないので、どれだか分かりませんでしたが、何となく合うものを使いました。

材質はパイン材。
表面は柔らかくて触ると気持ちよいです。プリント板と違って、木の香りがします

hondana4_c.jpg

サイズは 高さ86cm×横幅80cm×奥行き15cm
巾木よけ加工や棚の追加オプション、送料を含めて、計16,350円でした。

大きさだけを考えると値段は高いのですが、何しろカウンターの下にちょうど良いサイズの本棚を探すのに疲れ果てていたので、心からスッキリしました。

あ。

ひとつだけホームページを見て勝手に勘違いしていたことがありました。
可動棚ということで、ひょいひょい動かせるのかと思ってしまいましたが、
ドライバーを使ってピンを移動させないといけないので、ひと手間かかります。
とはいえ、棚の位置は初めに決めて、もう動かすつもりがないので全く問題はないです。

で、先ほど、もう一台注文。

我が夫は、両さんとゴルゴとゼロを買っているので(←これがどんなに恐ろしいことか・・・)、
終わりの無い戦いです



Posted by Kei
comment:0  
[日記]  thema:ネットショップ・通販 - genre:趣味・実用
山行記録 筑波山 2011.6
U子と二人で筑波山に行ってきました

U子の山ガール、楽しみにしていたのですが、思いのほかタウンユースな感じ。普通にカワイイ~。ズルイ。
山に実際に行く人と、山には行かない人の「山ガール」のイメージって絶対に隔たりがあると思いました。
U子が二人で山ガール写真撮りたい!と言うので、私はかつての登山用品はやめて、数少ない山ガールグッズで精一杯山ガールしてきました。
電車乗るの恥ずかしかったけど、山に入ってしまえば、着ているものなんてどうでもよくなってしまいます。
久しぶりの夏山で、山が好きでシアワセだなぁ...って思いました。

そういえば、年配の夫婦の方とすれ違って、指をさされました。
お父さんの方が「お母さん、見て!ほらあれが山ガールだよ!」って。


■つくばエクスプレスで行く 一番低い百名山 筑波山!

【日程】
日程:2011年6月4日
天候:晴れ(霞)

【アクセス】
※筑波エクスプレス快速とシャトルバス利用
(行き)
7:00秋葉原駅
7:45つくば駅
8:00つくばセンター[バス亭]
8:40筑波神社入口[バス亭]
(帰り)
16:30つつじヶ丘[バス亭]
17:25つくばセンター[バス亭]
17:46つくば駅
18:31秋葉原駅

【ルート】
8:40筑波神社入口-9:10白雲橋コース入口-11:30女体山-御幸ヶ原-12:40男体山-御幸ヶ原-女体山-15:00つつじヶ丘

【メモ】
★交通費:秋葉原から合計3850円
つくばエクスプレス(秋葉原-つくば往復) 2,300円
シャトルバス(つくばセンター-筑波山神社入口) 700円
シャトルバス(つつじヶ丘-つくばセンター) 850円

★温泉
筑波山京成ホテル(つつじヶ丘)
日帰り入浴 1,000円(貸してぬぐい付)/16:00まで(受付~15:30まで)
標高が約550mなので、「天空の湯」というのにふさわしく、眺めが良かったです。

★地震の影響
2011/6/4現在閉鎖中の登山道:御幸ヶ原コース
また、つくば湯では露天風呂に被害があり露天だけは使用出来なくなっているとの情報が載っていました。こだわりのある方は下調べて行った方が良いかもしれません。私は露天・命です

★登山道
登山道は大変分かり易く、危険個所なし。
ぬかるみがあるため、岩や木道に泥が付いて滑りやすいです。
前の人がずり落ちてくることがありますので、渋滞時でも少し間隔をあけた方がいいと思います。

★筑波山
ガマの油の口上が名物ですね。至る所にカエルが居ました。登山バッジにも!
昨今流行りのパワースポットとしても筑波山は有名なのですね。
友人は、百名山であることは知りませんでしたが、パワースポットということは知っていました。

【Pic】
P6040002.jpg
ツール・ド・つくばって初めて知りました。へぇ~。
2011/6/19(日)は通行止めがあるようです。

P6040003.jpg
至る所にカエルが居るんですが、こんなところにも!ゲロッ。

P6040008.jpg
白雲橋コースを行きます。
「しらくもばし」だそうです。
心の中でずっと「はくうんきょう」って読んでいました。

P6040007.jpg
足元を見ると、→お山!

P6040010.jpg
スタートしてすぐにイチゴがお出迎え。イチゴ?!

P6040011.jpg
久しぶりの夏山で、草の匂い、土の匂い。嬉しい~

P6040012.jpg
「白蛇弁天」財運UP!

P6040026.jpg
「母の胎内くぐり」
もちろんくぐってきました。生まれた姿に立ち返ることが出来るそうです。
下りの時にうっかり逆からくぐりそうになりました。

P6040024.jpg
「弁慶の七戻り」
いまにも落ちてきそう!

P6040033.jpg
「ガマの石」
ホントにカエルの口みたい~!
一回で石を投げ入れることが出来れば、良いことがあるそう。
一回投げ入れてはじき返されたのを奇跡的にキャッチしてもう一回投げ入れたら入ったんですけど、良いことあると信じます!

P6040029.jpg
女体山の山頂からの眺めです。
澄んだ日にはスカイツリーが見えるそう!

P6040034.jpg
お昼は御茶屋さんで、かきあげ天ぷらそば&うどんを頂きました。
二つは食べていません。一人ひとつです。
なんとなくいつものように汁まで全部飲みほしそうな勢いに...。

P6040042.jpg
午後のおやつは、カフェオレ&カステラ♪
セブン&アイブランドのカステラ、美味しくて安くてお気に入りです!

P6040050.jpg
お風呂を頂きました、筑波山京成ホテル。つつじヶ丘にあるホテルです。

P6040047.jpg
露天風呂はロケーションが最高でした!
標高550mなので、解放感たぷりです。
夜景が綺麗なのだそうですが、バスが夕方で終わっちゃうし...そもそも日帰り入浴は16時まで
浴衣に着替えて、ビール飲んで、泊っていきたかったです。
カエルのいやだー。

P6050059.jpg
ってことでカエルが居ます。筑波山バッジ!
可愛い~
結構似通ったデザインが多くなってきたので、これはウレシイ!
バッジ、20個くらい集まってきたので、そろそろ写真など撮って整理したいな。


【Diary】
つくばエクスプレスで行く筑波山行。
7時に秋葉原を出発して、百名山に登って、温泉も入って、19時前に秋葉原に帰ってこれるという、なんだか不思議な一日でした。

この日は、幼稚園の遠足と重なったので大渋滞でしたが、思いがけず賑やかな山行になりました
よーく観察してると、一人ひとり個性があってなかなか面白かったです。
「この岩はさっきのと比べてどうのこうの…」ってうんちくを語りながら登ってる子や、顔を泥だらけにしてあちこち寄り道ばかりして怒られている子や、「もう一歩も動かないっ!」って心に決めたらしく保母さんを困らせてる子も。

でもみんな元気!全身を使って自分より大きな石を器用に登っていきます。
全体的に保護者の方がバテバテのようでした。

私も近い将来、子連れ登山が夢です!
コウノトリさん...もう待ちくたびれてますよー

筑波山は標高が低く、夏は暑くてとても登れません。
春か秋が良いですね。
写真にもある通り、色々名前が付けられた岩があったりして、楽しくて、初心者ハイキングにはぴったりでした!
園児たちも飽きずに登ることが出来て、遠足にもちょうどいいんでしょうね、きっと。
大渋滞はビックリしたけれど、老若男女が山を楽しんでいる光景を眺めるというのも何ともシアワセな気持ちになりました。

U子は、滑ったり蚊に刺されたりしながら必死に登った先にあったのがあまりにも人工的なものだったので、今までのは夢?って言ってました。ケーブルカーに乗れば、8分だもん。ごめんね(笑)。
草いきれの中で、おばあちゃんのお家を想い出したそうです。
一番生き生きしてたのが、お風呂の時だったのが気になるけど。
また一緒に行こうね。

最後は、まだ明るい秋葉原にてドロドロの靴を履いたまま刀削麺と餃子とコーラで締めました!
その後、家に帰ってもまだ20時前。
とっても充実した一日でした!


Posted by Kei
comment:0  
[筑波山]  thema:登山 - genre:趣味・実用
| HOME | next