FC2ブログ
Love the mountains !!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Kei
 
[スポンサー広告
PRIMUS - Single burner stoves (1)
9月...3連休が2度ありましたが、バタバタと忙しく山には行けていません。
代わりに神保町などを散策しておりました。
LaLaさかいやが靖国通り沿いにでっかく再オープンしていたり、ICIも模様替えをしたり、
なんだか時代は変わっていきますねぇ。

正直なところ、最近では、もう買うものがないのです。
もちろんお金がいくらでもあれば、買いたいものはたくさんあるんだけど
神保町に通いつめて、どうしよう。ああしよう。と悩んでいた頃が懐かしい。

ま、一通り揃ったってことで、もうお金をかけずに山へ行ける ってことです!

そんな私は最近買い物に行くと、
必要の無い帽子などをついウッカリ買ってしまいます。
気を付けないと!危ない危ない。

家で出番のない帽子のヤマを誰かこっそりソフトシェルと交換しておいてくれないかなぁ...。

というわけで先日は、ウッカリしてしまう前に、意義のあるものを購入しました。



もともと使っているバーナーは、写真右側の、
イワタニプリムス PRIMUS 114ナノストーブ P-114

とにかく軽くて小さいの!という理由で数年前にこれを買いました。
とっても軽い、64gです。
火力は、あんまり気にしたことがなかったけど、イワタニプリムスさんのHPによると、
出力:2.7kW/2,300kcal/h(T型ガス使用時)

というか、今HPを見て初めて知ったんですが、点火装置は着脱式なんですね....?!

実は最近、点火装置をカチっとしても火がつかなくなってしまったんです。
なので、毎回ライターで点火しています。
それならいっそ点火装置部分を外してしまえば、さらに13g軽くなる!

それからゴトクの折りたたみ部分を動かすのが重い...。
ギーコギーコって感じになってきました。

お店の人に聞いてみたところ、メーカーさんに2000円程度で修理に出せるそうです。
まだ実際には出していないので、分かりませんが。
ちなみに、折りたたみ部分には潤滑油などを塗ってくれるそう。

修理に出している間困るので、もう一個買うことにしたのですが、同じのを買ってもなんなので、
今度はこちらを買ってみました。

写真左側の、
イワタニプリムス PRIMUS 153ウルトラバーナー P-153

出力:4.2kW/3,600kcal/h(T型ガス使用時)
3本ゴトクに特に不安定さを感じたことはなかったのですが、比べちゃうとやっぱり4本だと安定度大って感じです。
本体重量は110gです。

これからは使い分けていこうかな、と思います。

ちなみに、HPには、ちゃんと注意が掲載されていました。
『圧電点火装置は高所や低温ではうまく機能しないことがあります。実際の山行やキャンプでは必ず予備のマッチやライター(電子着火式でないもの)を携行してください。』

バーナーとガスカートリッジは同じメーカーのものを使います。
私がイワタニ・プリムスを選ぶ理由は、岩谷産業が私の働いているオフィスのすぐ近くにあるので。
応援してます

そうそう。
余談ですが、
カートリッジをくるくる回してバーナーを取り付ける仕草が、バックする為に片腕を助手席に回す仕草くらい格好イイ気がするのは私だけでしょうか


スポンサーサイト
Posted by Kei
comment:2  
[山の道具]  thema:登山 - genre:趣味・実用
Fake marking on rocks
9/11付の南岳小屋のスタッフブログで驚くような記事を見つけました。

小屋のスタッフも知らない間に、
中岳登山道の周辺に勝手に新しいペンキマークが50個以上もつけられていた。
しかも廃道になった旧道に導くようなマーキングも沢山つけられていた。
というものです。

小屋の方が既に応急処置をされたとのこと。
旧道の方は、不安定な岩場、崩れそうな足場の岩登りなので、
立ち入らないように気をつけてください。と書かれてありました。

確かに。
スプレー缶を持っていったら、誰でも書けちゃう。
悪意でも善意でも。
そう考えると、恐い。

マーキングだけに頼らない!
ルートファインディングは山の楽しみ!

とはいえ...

ガレ場って、ペンキルートがあったら、よっぽどの違和感を感じない限り、沿って進むと思います。
外れるほうが恐いもの...

こういうこともある。と。
赤いテープもペンキも看板だって。絶対じゃないよって。
そういう心構えで居ようと思います。





Posted by Kei
comment:0  
[山のTips]  thema:登山 - genre:趣味・実用
山行記録 草津白根山 2011.8
先月丹沢を一緒に縦走してくれたMさんの発案で、草津白根山に行ってきました。
普通なら日帰り山行になるところですが、Mさんが「ココに泊ろうっ!」といって大草原の小さな家のように素敵な芳ヶ平ヒュッテを見つけてきてくれました♪

当初の計画は、
一日目に逢ノ峰・本白根山をまわり、芳ケ平ヒュッテに宿泊。
二日目には渋峠まで上がり横手山ヒュッテできのこスープを食べる!
というものでした。

しかしながら一日目に凄い出来事がありまして、急遽予定変更しました。
なんとー、天皇陛下のご散策に遭遇することになったのです!

本当にビックリしました
皇居の周りを走ってても全然逢わないのに(当たり前)、草津まで来て?!
一生に一度あるかないかの出来事ではないか思いまして、一日目は私達も記念に弓池を散策することにしました!そして、二日目に逢ノ峰・本白根山を回りました。

バスの時間が決まっていたので、下山後に温泉に入る時間が無くなってしまいました。
草津温泉を目の前にして温泉に入らずに帰るなんて、もう笑うしかない・・・。
と思っていたら、バスターミナルのすぐ前に足湯があったので、とりあえず足湯だけでも堪能しました。
凄い嬉しかったです。さすが草津ですね


■草津白根山(芳ヶ平ヒュッテ泊)

【日程】
日程: 2011年8月27日(土)-8月28日(日) 1泊2日(小屋泊まり)
天候: 8/27 終日曇り 8/28 朝晴れ、のち曇り

【アクセス】
公共交通機関:JR高速バスと路線バス利用

★JR高速バス 上州ゆめぐり号(JRバス関東) にて
  代々木/新宿←→草津温泉バスターミナル(片道:早割2500円、普通3200円)
路線バス にて
  草津温泉バスターミナル←→白根火山バス停(片道1100円)

(行き)
8:00代々木
12:40草津温泉バスターミナル
13:10白根火山バス亭

(帰り)
14:06白根火山バス亭
15:30草津温泉バスターミナル
20:50新宿東口

【ルート】
8/27
16:00白根火山レストハウス-17:00芳ヶ平ヒュッテ
8/28
9:40芳ヶ平ヒュッテ-白根火山レストハウス-逢ノ峰-(コマクサリフト)-本白根山遊歩道最高地点-本白根山展望所-ロープウェイ山頂駅-(無料シャトルバス)-13:40白根火山レストハウス

【メモ】
★草津白根山
近年でも火山活動があります。
2009年4月以降、山頂火口から500m以内立入禁止の規制があります。
現在の噴火警戒レベルは、1です。(2011/8/28現在)

★草津温泉観光協会サイト「湯Love草津」
http://www.kusatsu-onsen.ne.jp/hiking/index.html
事前情報収集では、こちらのサイトを参考にさせて頂きました。

★交通費:新宿から 合計8,600円
(高速バス代)代々木/新宿←→草津温泉BT 往復6400円
(路線バス代)草津温泉BT←→白根火山バス停 往復2200円

【写真】
P8270001.jpg
上州ゆめぐり号。
草津温泉まで早割だと片道2500円!!
早割りって別に早く買わなくてもいいみたいです。
早割分の座席数が決まっていて、それが空いていれば前日でも早割料金で買えます。
上里SAで休憩アリ。お尻が、痛い...。

草津温泉バスターミナルで路線バスに乗り換えます。
バスターミナルで切符を購入します。バス亭もすぐに分かりました。

P8270005.jpg
白根火山レストハウスに到着するも、ガスガス。
おそばを食べる私達の周りには、私服に警察の腕章をした人がたくさんウロウロしていて、異様な雰囲気...何事かと..。

事件でもあったのかと恐る恐る聞いてみると、天皇陛下が15時頃に...?!
強面のお兄さんは話しかけたらとっても優しくて、「もし良かったらお出迎えしてくださいね」と!

ヒャー!お天気も悪いし、予定変更ー!
とはいえまだ14時前なので、とりあえず湯釜にでも行ってみます。

P8270007.jpg
湯釜のすぐ近くまで行ける登山道は、2009年4月から立入禁止になっています。

P8270008.jpg
ということで、西側の展望所へ向かいます。ずっと石畳です。
ここは国道が通っているので、ヒールの観光客も歩いています。

さて。
展望所に到着したはずなんだけど...。
P8270012.jpg

エイッ!
っと晴れオンナパワーでガスを吹き飛ばします。
あっち行けー。

IMG_6454.jpg
おおっ。見えてきました!
エメラルドグリーンに見えるのは、火山ガスに含まれる塩化水素や二酸化硫黄が水に溶け込んでいるからだそう。
pHが1.0前後の超酸性湖!!

展望スペースは結構広いです。
ボヤボヤしてたらあっという間に15時に...レストハウスまで降ります。

IMG_6458.jpg
レストハウスのすぐ向かいにある弓池です。
これから天皇陛下がここを散策されるとのこと!

初めてのお出迎え。テレビでよく見るシーンだぁ....。
っておバカな感想ですみません。

IMG_6460.jpg
ヒャー。
手を振ってくれました!
うわぁ...これまたテレビと一緒だぁ
って他の感想がなくてすみません。

IMG_6469.jpg
手ぶらではなく、リュックなところが素敵です。

散策を終えられて、お見送りまでしっかりしてきました!
警備の方々は、規制するに辺り、誰にも不快な思いをさせないようにとても気を使っているのが分かり、プロなんだなぁとほとほと感心致しました。

さて、すっかり遅くなってしまいましたが、芳ヶ平ヒュッテに向かいます!

IMG_6561.jpg

大草原に映える赤い屋根
到着が遅くなってしまったので、「遅いよー!心配したよーっ!」って怒られる...。

ご...ごめんなさい。

とても素敵な時間と音楽の流れる心地よい空間でした。

hyutte_co.jpg

今夜も誰かがランプの明かりでお夕飯を頂いているのかなぁ

さ。
あっという間に翌朝です。

IMG_6532.jpg
イイナー。私もまだゴロゴロしていたいケド...。

出発しなくちゃ。

IMG_6520.jpg
芳ケ平湿原。
ヒュッテのすぐ裏です。早朝散歩は朝露で濡れるので、ゲーターがあったほうが良いです。

IMG_6521.jpg
紅葉が始まりかけていました。
もう今年の夏も終わりですねぇ。

IMG_6511.jpg
芳ヶ平ヒュッテはスカイライン命名の地だそうです。
お天気が良いと足取りも軽い!
白根火山のレストハウスまで戻ります。

P8280034.jpg
あっという間に雲も上がってきてしまいましたが、昨日よりは視界もイイ!

まず向かうのは逢ノ峰 2109.9m です。
P8280028.jpg
展望台がありました。

IMG_6573.jpg
ズームで撮影した白根山。
立入禁止なんだけど、人影が見えたような....?
観測を行ってる人かもしれませんね?

IMG_6574.jpg
次はコマクサリフトに乗ります。

リフトを降りて少し歩くと、涸釜です。
あそこのとんがりが本白根山展望所です。
IMG_6578.jpg

本白根三角点も毒ガスの為立入禁止です。
まずは、白根探勝歩道の最高地点へ向かいます。

IMG_6582.jpg
登山道は、全般的にとても歩きやすいです。

IMG_6584.jpg
遊歩道の最高地点は、THE道の途中という感じでした!
2150mです。

次は、本白根山展望所。
こちらも展望ゼロでした。
IMG_6589.jpg

ということで、この後レストハウスまで戻り、再び路線バスでバスターミナルまで戻りました。
高速バスの出発までのわずかな時間でしたが、
ソフトクリームを食べながら足湯を堪能して、帰路に着きました。


【Diary】
今回、お天気には恵まれませんでしたが、一生忘れない山行になりました。

芳ヶ平ヒュッテはとーーっても素敵な時間と音楽の流れる小屋でした。
また必ず遊びに行きたいです。
芳ヶ平ヒュッテのお父さんとお母さんと4匹との出逢いに感謝します。

本当に想い出深い山行になりました


Posted by Kei
comment:0  
[草津白根山]  thema:登山 - genre:趣味・実用
eneloop mobile booster
山でのスマートフォン充電用にと、三洋エネループのモバイルブースターを買ってみました。
初めはコンパクトタイプのKBC-L3ASを買おうと思ってヨドバシに行ってみたんですが、店頭に置いてありませんでした。
店員さんに聞いたところ、出力が安定しないことも多いので、置くのやめたんです。とのこと。
大丈夫な場合ももちろんあるらしいけど、せっかく買って万が一相性が悪かったら意味がないので、やめようかなぁ...と。

薦められたのが、大容量のKBC-L2BSのタイプです。
コンパクトタイプ(KBC-L3AS)が約70gなのに対し、こちらは約130gと倍近く!
「そんなに違うんですかっ?!」って驚いていたら、「ほとんど変わりませんよ?!」って驚かれました。

そして何より、ヨドバシ店頭で5980円
そこまで高いのなら要らない・・・。

諦めてお家に帰りネットで調べてみたら、同じ商品がAmazonでなんと3540円!
ヨドバシとの2000円以上の差はなんだろう・・・?
不思議に思ってさらに色々見ていたら、どうやらもうすぐ新商品が出るらしい。
それで安くなっているのかもしれません。

ちなみに2011年9月8日に発売される新しいラインナップはこちらです。
三洋エネループ ニュースリリース

新しい大容量タイプのほうは、KBC-L54D。
出力もアップするのでさらに短時間での充電が可能に!ということなんですが、短時間での充電にこだわる理由もなく、フル充電が2回も出来たら充分だし、こちらはさらに重くなって約142gだし...。
Amazonでの値段も今のところ4486円。

新しいコンパクトタイプのほうは、KBC-L27D。これは少し迷う。でも、そもそもコンパクトタイプは入力もUSBのみ。それは不便過ぎる。コンセントに挿してそこにUSBを挿せる変換アダプタ?がコンデジ買った時に付いてきたけど、果たしてそれを使っても大丈夫なのか...とかもう調べるのが面倒になってきた...。

長々書きましたが、結局Amazonマーケットプレイスで、KBC-L2BSを3540円で買いました。
SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2BS

mobile_c.jpg

ACアダプター充電:約7時間
USB充電:約14時間

充電は結構時間がかかります。
私は山に行く前に一日挿しておけばOKですが、日常的に使う目的の人には7時間って長いですよね。
あと残量を示す点滅の長短も分かりずらいです。新商品はランプの色が変わるそうなので、それなら分かりやすいかもしれません。
山に行く前だけとりあえず満タンにするという使い方であれば、何の問題もナシです。

GALAXY S ですが、充電もバッチリでした!
ACアダプタもアタッチメントもついてて、とにかくこれを買えば完結している点でも満足です。
あとは冬山(低温)でのパフォーマンスはまだ分かりません。


Posted by Kei
comment:0  
[山の道具]  thema:登山 - genre:趣味・実用
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。