FC2ブログ
Love the mountains !!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Kei
 
[スポンサー広告
第37回気象予報士試験 受験記
日曜日に平成23年度第2回(第37回)気象予報士試験を受験してきました!

会場は、駒澤大学キャンパス。
時間は 9:45 からお昼を挟んで 16:00 までという長丁場。

試験なんて久しぶりなのでワクワクしながら行きましたが、歳を実感して帰ってきた次第です。
机は細すぎて文房具が落ちそうだし、間隔が狭くて座るのも窮屈だし...。
硬いイスで午後になるとお尻が痛くなってくるし、座りっぱなしで下半身は冷えてくるし

学生時代はお尻痛くなったことなんてなかったし、
胸には希望しかなかった若者には机の狭さなんて全く気にならなかった!

それから、携帯電話での不正行為を防止するため、電源を切って、配られた封筒に入れて、それをカバンにしまって、さらにカバンは床に置いてください、と言うことでした。
もちろんいいんだけど、だけど、床って...なんか黒いけど...
仕方が無いのでバッグを直接床に置きましたが、次回からはビニール袋を持っていきます。
なんかイヤね...歳を取ると色々と些細なコトにウルサクなって...。

で、楽しかったコトも!

試験直前の独特の緊張感!!
トイレに行きたんだか行きたくないんだか、胃だかお腹だかがモヤモヤーンとするあの感じを久しぶりに味わいました!んーこんな緊張感を味わうのもたまにはいいかもしれない♪

それから、夏の実技試験本番!に向けて雰囲気を味わっておこうと、午後の実技試験も最後まで受験してきました。試験が始まると、皆一斉に問題用紙から図表ページ部分を破ります。
キリトリ線が付いているので、折り目をつけてビリビリっと。これがだいたい10枚くらい。
残った問題用紙は表紙を含めて3枚。
初めから別々にくれたらいいのにネ?って思いました。

試験の途中で破くと音が教室中に響き渡るので、切り取るなら初めが良いと思いました。
また実技2については、最後の科目なので、試験開始後30分経過して退出可能になると、帰る人が大勢いました。荷物をまとめたりゴソゴソする人があちこちに居るので、集中力を絶やさないようにしないとです。

ちなみに、今回の試験で実技試験の問題を初めて見たのですが、地理の勉強もしないとな...と思いました。例えばですが、天気図を見て松江の天気を問う問題があったとして、松江の場所を知らないと始まらないorz 実技の勉強を通して自然と覚えていけるのかな?

肝心の試験結果はどうだったかと言うと。
つい先ほど学科試験の解答速報を早々に発表してくださった気象予報士の方のサイトがありましたので、超ドキドキしながら自己採点してみました。

藤田真司の気象予報士塾
http://rojiura.jp/kaito.html

自己採点の結果、15問中
学科一般:10問正解
学科専門:12問正解

11問以上正解というのがボーダーラインの目安だそうですが、平均によって変動があり、
前回の第36回は学科一般は10問以上というのが、ラインでした。まだ希望は捨てていません

気象業務支援センターから模範解答が発表されるまで多少は落ち着きませんが、
学科専門はほぼ間違いなく合格!!ウレシイ~~~!!!
学科一般のほうは、合格発表(3/9)まで不明です。祈るのみ!!!!

合格した科目は、1年間(試験2回分)は免除されます。
次の試験は8月です。
今日から実技の勉強をスタートします!

正直なところ、早く実技の勉強がしたかったので、嬉しいです!
学科試験は覚えることだらけで本当に大変でした。
楽しみにしていた天気図を読む勉強はこれからなのです。
頑張るぞーっ!!

★19:36追記
こちらでも解答速報が出ました。
株式会社クリア
http://blog.wm-clear.co.jp/

専門知識の問4について解答が異なっています。
B領域に熱帯低気圧が存在しているか否かの見解が分かれているようです。

その後、訂正されていました。

★2012/2/8追記
本日、気象業務支援センターより正式な解答例が公開されました。
http://www.jmbsc.or.jp/hp/cwfe/p0120.html


スポンサーサイト
Posted by Kei
comment:6  
[気象予報士]  thema:登山 - genre:趣味・実用
新春福引きでSIGGボトル
さかいやさんの新春お年玉福引きで、
オリジナルのSIGGボトルを貰いました!!

毎年福引きがあるので、実は結構楽しみにしています。
去年は、アウトドア用のたためる座布団が当たったんですヨ。
1等賞は確かGPSとかもっとすごいのです。
年末に届く新春セールのハガキに抽選券が付いてます。



いえぇーい!!



Posted by Kei
comment:0  
[日記]  thema:登山 - genre:趣味・実用
山行記録 天狗岳 2011.12
■八ヶ岳 積雪期ピークハント(唐沢鉱泉から天狗岳)

【日程】
日程: 2011年12月23日 日帰り
天候: 基本晴れ、小雪も舞う、山頂は時折曇の中

【駐車場】
唐沢鉱泉10m程下の駐車場(無料・20台程度)
普段の御手洗いは閉鎖されていますが、横に使用可能な仮設トイレがあります。
一歩足を踏み入れた瞬間、床が凍っていてずっこけそうになりました。

【ルート】
6:50唐沢鉱泉-7:50渋の湯ルートとの分岐-8:50黒百合ヒュッテ9:00-9:10中山峠-10:50東天狗岳11:00-12:10黒百合ヒュッテ13:00-13:30分岐-14:30唐沢鉱泉

【メモ】
★ルート選定
「渋の湯」の駐車場は有料(1000円)なので、毎度のことですが、無料の唐沢鉱泉にしました。
唐沢鉱泉までは、スタットレスタイヤのみで走向可能でした(2011.12.23 時点)。
唐沢鉱泉までは、積雪が多くなると、通行禁止になります。
天候次第で西天狗まで行こうと考えていましたが、東天狗で折り返しました。

★登山道
昨年の1月初旬の山行時と比べると、この冬はまだ雪が少ないようでした。
稜線は風が強く岩も露出しているので、とても歩きづらかったです。
岩場はトレースもなく、道が分かりづらい箇所もありました。
視界が良かったので、進む方向は分かりました。

★温泉
御用達...縄文の湯 日帰り入浴400円

【Diary】
PC230003.jpg

唐沢鉱泉手前の無料駐車場です。
5時前に到着した時には雪が降っていました。
仮眠を取り、起きた時には止んでいました。

PC230004.jpg

約一年ぶりの唐沢鉱泉。
中に入ったことは一度も無いんですが、懐かしの景観。
いつ来ても変わらずにそこにあるものって何だか嬉しい。

故郷ってこんな感じなのかなぁ...って想像してみる。
うちは、実家も、両方のおばあちゃんちも近くなので、帰るべき故郷がないのです。
おばあちゃんの実家もすぐそこだし...。
私もどこかに帰省してみたい...。

PC230008.jpg

樹林帯を進みます。まずは、渋の湯ルートとの合流地点を目指します。
久しぶりの山道。地味にしんどいけど、空気がピリっとしていて、雪山に来た~!!!
って実感がふつふつと沸いてきます。

PC230010.jpg

合流地点まで、約1時間。
車から出た時は寒くてたくさん着込んだけど、既に息も上がって汗ばむ。
ここでしばしレイヤリングの調整。

雪山はいつもレイヤリングの調整が大変です。
何しろ立ち止まるとあっという間に身体が冷えていくので。

PC230013.jpg

黒百合ヒュッテに到着です。
1月の時はここまで辿り着けなかったので、初めて来ました!
入口横の気温計は-11℃。

今回、こちらでバッジ&手拭を購入しました。
最近、手拭コレクトも始めました

PC230012.jpg

御手洗いもお借りしました。
200円です。丁寧にお掃除されていました。

PC230014.jpg

ヒュッテの周りには、天然のクリスマスツリーがたくさん!!
青空も見え初めて、テンションが上がります

ヒュッテから中山峠まではすぐでした。

PC230044.jpg

ここからは雲上散歩です

IMG_6714.jpg

まるでスノードームの中に入り込んだみたいな気分!!
スゴイよーー

PC230021.jpg

稜線は風が凄くて、風で舞った雪に太陽が当たってキラキラと。
とっても素敵でしたー。
鼻水も凍る中、ウットリしてました。

厳冬期はまだ無理ですが、雪山に来られるようになって、
本当に凄い世界があるんだな、と。
四季のある国に暮らせて本当に幸せだな、と。
毎度のことながら、しみじみ思います。

PC230026.jpg

PC230030.jpg

PC230031.jpg

PC230033.jpg

PC230043.jpg

で!!

問題は東天狗の山頂です。
こんな素敵な青と白のコントラストばかりなのに!!
何故か山頂だけヒュルル~っと雲の通り道になっていました

岩が露出しているのは、風が強すぎて雪が積もらないからのようですね。
西天狗の方面を見るも、まるっきり雲の中だったので、今回は東天狗で折り返しです。

PC230037.jpg

山頂から少し下ると、再び青と白の世界。
下山中に振り返ったら山頂の雲も切れていたので、タイミングのようです。

黒百合ヒュッテまで戻ってきたら、テントがちらほら。
それにしても見るからに寒そうなテン場!!!
テント派だけど、さすがにここは泊まるならやっぱり山小屋がいいなぁ。
#0 でも絶対寒いよね?!
いつか泊まれるかな?!

PC230051.jpg

連休の初日だったこともあり、この後下山中に大勢の方々とすれ違いました。
テン泊装備をみると、やっぱり羨ましい
いや、でも寒くて後悔しそう....。
いや、でもいつかは....。



Posted by Kei
comment:2  
[天狗岳]  thema:登山 - genre:趣味・実用
A Happy new year 2012


A HAPPY NEW YEAR 2012

昨年はついにソロテント泊を経験することが出来ました。
初めて営業小屋に泊ることも出来て楽しかったし、
また、草津白根山では天皇陛下のご散策に遭遇したりして、
山に行ける回数は少なかったですが、とても充実した山行が多かったです。
職場のMさんが一緒に山を楽しんでくれるようになったことも嬉しい出来事でした。

今年も山で過ごせる時間を持てるようにがんばります。

自分の力ではどうにもできないことが多いですが、必ず太陽は昇ります。
信じます。辰年!!今年も上を向いて歩いていきます。


Posted by Kei
comment:2  
[日記]  thema:登山 - genre:趣味・実用
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。