FC2ブログ
Love the mountains !!
山行記録 薬師岳・観音岳 2012.7
GW以来、約3ヶ月ぶりに山へ行ってきました!

3連休。急遽行けることになったんですが、
一人だし・・・
でもテント泊がいいし・・・
でもでも下調べして山行計画を立てている時間がない・・・
となると、実績のある鳳凰!!ということで、夜叉神から鳳凰へと再び歩いてきました。

本当に楽しかったです。
たったの1泊2日でしたが・・・それでも山に居ると「生きること」って途端にとてもシンプルになります。
生きるために歩いて、生きるために食べて、そして生きるために寝る。
生き延びることそのものが目的になるから、「生きる意味」なんてものは途端に価値を失う。

生きるってこんなにシンプルなことなのに。
登山口に無事に下山した瞬間からまた複雑になってしまうのは何故か?
なーんてことをぐるぐると考えながら、満天の星空の下眠りにつきました・・・。


■南アルプス 鳳凰 ソロテント山行

【日程】
日程: 2012年7月15日-7月16日
天候: 7/15 曇りのち晴れ 7/16 晴れ

【ルート】
1日目
夜叉神の森-夜叉神峠-南御室小屋(テント泊)
2日目
南御室小屋-薬師岳-観音岳(折り返し)-薬師岳-南御室小屋(テント撤収)-夜叉神の森

※2日目は、広河原へ下る人が圧倒的に多いようです。
私は本当は中道を通って最後青木鉱泉へ下りたりしたいのですが、私の身体では、テント装備の重量を担ぐとなると、傾斜の緩やかなただただ長い夜叉神ルートの下りが今のところ精一杯です。
もうちょっと膝周りの筋肉を鍛えないとネ・・。

ちなみに、昨年秋のソロテントデビューのときの記録はコチラ

【日記】
P7150003.jpg
夜叉神峠登山口。
ここでお手洗を済ませて、登山届を提出!

なんか夏だわ

今回は荷物がなんと11kgにまとまりました。
去年は初めてで不安でアレもコレもと詰め込みすぎての17kgでしたネ・・・。

P7150004.jpg
夜叉神ルートは傾斜の緩やかな道が多いです。
女子テントデビューにもお薦め!

P7150005.jpg
1時間程で夜叉神峠に到着。

夏の雲!!

P7150006.jpg
次第に登りもきつくなってきて、あごから汗がたれるたれる・・・。

何となくデブになった気分。

P7150010.jpg
約2時間で杖立峠に到着です。

当たり前なんですが、「峠」を越えるたびに一旦下るので、なんかもったいないな~と思ってしまう・・・。
せっかく登ってきたのに・・・。

P7150013.jpg
焼け跡に到着です。
焼け跡というくらいなので、その昔山火事があって木々が焼け落ちてしまったのですが・・・

P7150014.jpg
その後、草が生えてきて、今は何とも言えない牧歌的な風景になっています。
思わず寝そべって空を見上げると、

P7150016.jpg
仕事しかしていない間にいつの間にか夏になってたんだな~、と。

焼け跡を過ぎると、ガレ場になります。
ココが私としては一番大変・・・。

P7150018.jpg
そして苺平まで来たら、小屋まであと少し!

P7150023.jpg
赤い屋根が見えて、発電機の音が聞こえて・・・南御室小屋に到着です!
人間の営みみたいな空気があって、妙にホッとします。

P7150022.jpg
色とりどりのテントを眺めるのが大好きです。
この後もどんどん増えて、結局50張以上はあったかな?

水場で水を汲んで、夕ご飯はラ王を!
実は地上でも食べたことなくて、初めてだったんですが、美味しかったー!
山のラーメンはいつもはすみれの濃厚味噌を持っていくんですが、これからはラ王が定番になりそう。

外からはカップルやグループやファミリーの賑やかな話し声の中、
一人静かにコーラを飲んでゴロゴロ&ウトウトする至福のトキ。

夜になると、満点の星空と、いびき三重奏と、日本放送ラジオ(←誰かが遅くまで聞いてた)。

ウルサイのなんの・笑!

だけども。
テントを吹き飛ばしそうな強風の音とか、たたきつける雨の音とかに怯えて朝まで過ごした夜を思えば、平穏な夜だなぁ・・・と思いながら。

それにしてもいびきが強烈で2時に目覚める・・。
もうこのまま起きちゃおう!と思い、熱々のスープとパンを流し込み、丁寧に日焼け止めを塗って、3時頃に出発してしまいました。

P7160027.jpg
ヘッドライトの明かりを頼りにレッツゴー!!

P7160032.jpg
1時間程で稜線に出ると、ワオー!!!!!
地平線が赤く染まり、空が白み始めて、富士山のシルエットと甲府の街の夜景という何とも美しい風景が広がります。

P7160039.jpg
薬師岳の山頂に着くころには空もだいぶ明るくなりました。
バックの北岳は雲の中ですが・・・、

P7160046.jpg
陽が高くなるに連れて山あいにまで陽が差し込んでゆく様が、なんだか神秘的でした。

P7160047.jpg
東の空は一面の雲海です。
歩けそうです。

P7160048.jpg
観音岳で折り返します。
晴れていれば360℃大パノラマで北アルプスまで望める観音岳の山頂ですが、今日はちょっと残念。

P7160049.jpg
地蔵岳・甲斐駒方面はモクモクしてます。

P7160050.jpg
八ヶ岳もすっぽり雲の中です。

P7160057.jpg
さっきは人気の無かった薬師小屋前は、出発の準備をする人達で賑わっていました。

P7160053.jpg
南方面は青空が広がってるね。

P7160060.jpg
樹林帯に入る直前です。
なんかもう空を飛んでるような気分!!
富士山も見納めです。また必ず来るね!!!!

テン場まで戻ると、テントももう数張りしか残っていませんでした。
夜露に濡れたテントもすっかり乾いていました。
グランドシートを干している間にのんびりとカルボナーラを頂く至福のトキ。
はぁ・・・今日もホントは帰りたくない。けど明日は絶対に休めないし・・・。
何とか重い腰を上げ・・・小屋の方にお礼を言って、一人テクテクと夜叉神峠まで下りました。

結局東京の自宅には17時前に帰ってくることが出来ました。
12時間前は、鳳凰のてっぺんに居たのになぁ・・・と不思議な感じ。

とにもかくにも2度目のソロテントも大成功に終わって、めでたしめでたし!!!!
私はやっぱり山が好きで幸せです



スポンサーサイト



Posted by Kei
comment:0  
[鳳凰三山]  thema:登山 - genre:趣味・実用
| HOME |