Love the mountains !!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Kei
 
[スポンサー広告
山行記録 富士山 2013.8
実は・・・今年の夏、久しぶりに富士山に登ってきました

世界文化遺産への登録を受けて、来年以降どんな感じになるか分からないので、とりあえず登っておこうかな、と思いまして。しかも、パートナーは父(本物)!

「富士山に一度は登りたい」って言ってたなぁ・・・とふと思い出して、出発の4日前に誘ってみたところ、あっさり「行く」と。次の日に早速お店に行って、靴とザックと服と酸素を調達したそう。
そして出発までの3日間、靴をならすために1時間ほどウォーキングしたそうです。

普段は山とは無縁な人なので、体力不足や高山病の可能性もあるし絶対に無理はしないという前提で。
当初はサクッと一人弾丸の予定でしたが、山小屋を予約しての1泊2日の山行に変更。
全く親孝行出来ていないので、少しでも親孝行になればいいなぁと思って出掛けてゆきました。

※ご参考
来年の富士山についてのニュースは今はこれくらいでしょうかネ。
産経ニュースです。山開きは7月10日になるかもしれません。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/131207/szk13120702200001-n1.htm


■富士山 (スバルライン五合目から・小屋泊して御来光!)

【日程】
日程: 2013年8月7日-8日 1泊2日山小屋泊
天候: 8/7 晴れ(にわか雨) 8/8 晴れ

【ルート】
8/7 11:00スバルライン五合目-17:00胸突江戸屋(八合目)
8/8 2:30胸突江戸屋(八合目)-4:30富士山頂8:00-12:00スバルライン五合目 

【メモ】
★ルート選定
当初プリンスルートの予定でしたが、父も参加することになったので、吉田ルートに変更。
吉田ルートは一番登山者が多いルートです。
誰が呼んだかプリンスルート(笑)こちらは2008年8月に皇太子殿下が富士山に初登頂されたときのルートです。またの機会に歩きたいです。

★宿泊小屋選定
上江戸屋/1泊2食付(平日)7500円
8合目最後の山小屋なので、1日目でここまで上がっておけると、翌日だいぶ楽だと思います。
スバルライン五合目からこの小屋までのコースタイムは5時間ですので、出発もゆっくりで大丈夫ですしね。この日は一人あたり寝袋一つ分のスペースでした。

★御手洗い(吉田ルート)
登りは途中にたくさんあるので、御手洗いの心配はしなくて大丈夫だと思います。
下山は少なめで、汗もそれほどはかかないので、あまりお水を飲み過ぎないようにしました。
途中の各山小屋200円 / 山頂300円

★混雑具合
本八合目の上江戸屋(2:30出発)から山頂(4:30着)までは基本的にはずっと人がつらなっていました。
しかしながら、山小屋の方や山頂売店の方のお話では、「今年は例年より人が少ないんですよ・・。マスコミがあおりすぎたせいで…。」ということでした。
大混雑!例年の3割増し!などとテレビで見ていましたが、確かに、御手洗いはどこも並んでいなかったし、山頂の食堂もガラガラでした。御朱印や焼印もすんなりもらえました。
来年以降はどうなるんでしょうねー。

★温泉
ふじやま温泉
平日1500円 (館内着・バスタオルなど有)
行かれる方は、サイトから割引券印刷をお忘れなく~。
http://www.fujiyamaonsen.jp/campaign_discount.html


【日記】
今回のスタートは富士スバルライン五合目です。
どうでしょ、この青空!!!!!
P8070080.jpg
ここはスゴイたくさんの人でした。外国人観光客も多かったですヨー。大型バスで立ち寄る人気の観光スポットのようですね。バスで来られちゃう2304mですからねー。

登山者も老若男女バリエーション豊か。
これも富士登山の特徴の一つですよね。

P8070081.jpg

五合目では、御手洗いをしっかりとすませ、父は金剛杖を購入して、準備オッケー!!
時刻は11時です。

しゅっぱーーーつ!!

P8070083.jpg
否応なしにテンションも上がる青空ですヨー

父は恰幅がよく日焼けした顔に白髪にキャップ・・・・三浦雄一郎氏っぽい(笑)
30Lザックが異常に重いので、問い詰めたところ・・・でてきました。

バナナひと房

P8070087.jpg
つまり5本です。
荷物は1gでも軽くしてね!!!!
って言ったのに。意味が分からない。

バナナ以外にも、ゼリー状のアクエリアスを凍らせたものを5個とか・・・重っ!

「だってKちゃんも食べるでしょ・・・」って。
私の分まで持ってきたのか・・・この人。父親だからね。

私のザックに移そうとしたら、意地でも自分で持つからイイ!と譲らず・・・。父親だからね。

富士山を見上げて、気を取り直しましょう、ハイ。
P8070085.jpg
なだらかな山容の富士山は下から見上げると、こんな感じです。
すぐに着いちゃいそうで、延々着かないのが富士登山です。

P8070086.jpg
五合目の標高が2300mなので、あっという間に雲を眼下にとらえることが出来ちゃいます。

こまめに休みつつ、ゆっくり進んで、父の調子も大丈夫そうです。

P8070092.jpg
吉田ルートが初心者向きである理由の一つは、山小屋の多さにあります。
ベンチに座って休めるし、小屋では暖かい飲み物も買えます。
他のルートより人が多いですが、その分安心というのもありますしね。

山小屋の各御手洗いはチップ制で、200円でした。

P8070093.jpg
下からどんどん人が登ってきます。
何やら怪しい雲も一緒にあがってきます。

P8070097.jpg
ザザっとひと雨きた後は、虹がお目見え

P8070100.jpg
ラピュタが隠れていそうな雲塊です。

父のゆっくりペースに付きあって、私はビックリするくらいの楽ちん登山でした。
いやーーほんと。成長しました、私も。ビックリ。

11時にスバルライン五合目を出発して、17時前に山小屋に到着です。
コースタイム5時間のところを、6時間かけてきました。

それが良かったのか、高山病にもならず、父も元気。

P8070101.jpg
八合目最後の山小屋・上江戸屋
今日はここで夕食と仮眠を頂きます。

小屋の中は既に大勢の人で賑わっています。
夕食は着いた人から順次食べる感じで、特に一斉にという仕組みではなかったです。

P8070102.jpg
夕食は(ぬるーい)ハンバーグカレー。
朝食用のお弁当は、冷たいご飯のみ。お米好きだけどさ・・。

うーーー。これで、1泊2食付(平日)7500円だもんなぁ・・・。

さすが日本一の富士山!!

次は気になる寝床の紹介です。

P8070103.jpg
二段になっており、敷布団が敷き詰められています。

P8070104.jpg
その上に寝袋が並べてあり、一人ひとつの寝袋分のスペースでした。
敷布団1枚でだいたい二人分ですかね。

この狭さ・・・登山6年生にして、初めての経験です。

女子だからか偶然かは分かりませんが、端っこの壁際を割り当てて貰えたので、私は壁際でその横に父。ザックは足元です。

女子は着替えスペースなど無いので、どうしても着替えたい場合は、御手洗いを利用するしかなさそうです。
男性陣はそこら辺でガンガン脱いで着替えていました。

20時頃だったかな?消灯がありましたが、ほとんど寝られませんでした。
何しろ寝返りも打てないくらい狭いし、暗くて人も詰め込まれていることから、酸欠気味。
横になった途端イビキをかいて寝てるおじさんとか…心底羨ましかった!私もいつかああなれるかしら?

布団から抜け出して居間の方をウロウロして、寒くなっては布団に戻る。ということを繰り返していました。

早い人は0時ころから出発に向けてガサゴソ・・居間の方で食事をしているようです。
少し広くなって、1時~2時にかけてやっと眠れました。
2時に起きてみると、寝ている人はもうほとんど居ません。みんな早いっ!

私たちも二人並んで冷たいご飯を黙々と食べます。
なんだかんだ言ってもお米は有難い。
お米が好きって言うのもありますが、お米ってパワー出るような気がしませんか?

P8080105.jpg
山小屋の前は、大賑わい。下からもどんどん人が登ってきます。
そんでもって風がちょー冷たいっ!

辺りは真っ暗で、小屋の明かりと、ヘッドライトの明かり。
続々と小屋の前を通り過ぎていく人の列、列、列!!!

すごい。これに入るのかーー。
ムフ・・・いよいよここからが富士御来光登山の醍醐味ですヨ

P8080107.jpg
実際にはヘッドライトの列はもっともっと明るくて、その様子を再現出来たらいいんですが・・・、
コンデジのオートだとこれが限界です。

気合いを入れて、2時半頃に出発。
ここからは山頂までずっと人がつながっています。
渋滞とは言っても、こちらもそんなに早く登れるわけではないので、休み休み、父にとっては程良いペースとなりました。

見下ろせば下にはまだまだたくさんの人が続いて、その下には夜景が広がり、そして見上げればヘッドライトの明かりが山頂まで、その上にはたくさんの星(新月でした)が広がります。
見知らぬ人たちがお互いの足元を照らし、お互いの風よけとなって、山頂まで大行列をなしている。その数千人、標高は3500m超、時間は深夜。何か変なテンションになります。

こんな山って世界中を探してもないですよねぇ。

上江戸屋から山頂まで、混んでなければ1時間。のところ、2時間でした。

この鳥居をくぐったら、山頂です。
P8080110.jpg
辺りもだいぶ明るくなってきました。
日の出までもうすぐです。

P8080111.jpg
大勢の人が御来光を待ちます。

P8080114.jpg
キターーーーー

P8080117.jpg
山頂売店の人の話では、この日は、この夏3度目の素晴らしい御来光!!!
今年は曇りの日が多く、まんまるの太陽が昇ってきたのは今まで2回しかなかったそうです。
なんてラッキーなんでしょ

P8080120.jpg

皆が思い思いに御来光を拝んだ後は・・・
P8080118.jpg
売店のオニーサンが上半身裸で、万歳三唱の音頭を(笑)。
盛り上がりました。

P8080123.jpg
冷え切って疲れた身体に熱くてあんまーーーーいお汁粉を プライスレス。

P8080127.jpg
そしてビックリなことに父が何の問題もなく元気だったので、お鉢巡りをすることに。
すっかり太陽が上がって、まぶしいっ!サイコー!

P8080132.jpg
一番高い剣が峰では写真を撮るための行列がすごく、しかも遅々として進んでいなかったので、並ばず。

P8080133.jpg
そしてこんなに美しい影富士が

P8080135.jpg
お鉢の全体像はこんな感じです。万年雪が解けてしまってと聞いていましたが、ホントに雪ないですねー。

今回山頂で頂いた御朱印は2つです。
P8080148.jpg
富士山の霊石を砕いて混ぜて作られているので赤黒い色なんだそう。
へぇーーー。

父は金剛杖に焼印を貰っていました。

そして再び・・・、
P8080136.jpg
冷えきって疲れた身体に塩気の効いた らーーーーめん プライスレス。ウソ。タカイ。
でもこのしょっぱい山頂ラーメン・・・たまりませんね。

お鉢も一周出来たし、お腹も満たされたし、御朱印と焼印も貰ったし、バッチやキーホルダーも買ったし。
これで未練ナシっ!
下山の方が地獄だヨ。と父を脅して下山開始です。

ちなみに山頂の御手洗いは300円(入口に徴収する係の人がいます)。

P8080137.jpg
せっかく登頂成功したことだし、最後まで怪我のないようにね。ってことでゆっくーり降りていきました。
余裕じゃん(笑)。と笑っていた父も、いつまでも終わる気配のない下山道に途中からウンザリ気味。

少しは苦労してもらわないと。
私が初めて富士山登った時、どれだけ大変だったことか・・!!!

P8080138.jpg
今日は少し雲が出ています。

P8080140.jpg
すっかり雲の中に入ってしまいました。

韓国人登山客が額から血を流して、救急隊の到着を待っているところでした。
周りの人の話では、ジグザクの登山道を外れて、直滑降で走り降りようとして、勢いつきすぎて転倒したということでしたが、真偽のほどは不明です。

もしホントなら、恐すぎる。
自分の怪我だけですめばいいけど、人を巻き込んだり、落石起こしたりとか・・・恐いよね。

五合目に着く前に、下山してきた登山者向けのアンケートを行っていたので、参加しました。
山小屋のこととか、登山道のこととか、入山料についてどう思うか、など。
来年以降の取り組みの参考にして頂けるものと思い、素直に思うところを色々と書いてきました。

P8080142.jpg
雲の下の世界・スバルライン五合目へ戻ってきました。

お疲れさまでしたーー!!
父も私も良く頑張りました!!

P8080143.jpg
ご褒美の富士山カレー&お約束のソフトクリーム!!

P8080144.jpg
食事の後は、近所や親戚に配るんだとかで、売店でお土産を大量に買ってました、父。
お土産だけで数万円とか・・・団塊の世代の購買力って・・・スゴイですね。
私は職場に配るクッキーひと箱で十分。

お土産をたくさん買いすぎて、金剛杖をお店に忘れて、お店の人が追いかけてきてくれました・・・感謝感謝。

下山後の温泉は、ふじやま温泉を利用しました。
P8080146.jpg
お湯はちょっとぬるめでしたかねぇ。
私はゆっくり入りたいのに、父はせっかちなので・・・まぁ仕方ないですが。

そして帰りの車は爆睡の私と延々運転する父。
いやはやほんと父親のスペックが未知数過ぎます。

10年後も登るんだーー!
・・・とご機嫌な父でした。


今回もまた長い記録になってしまいました・・。
最後まで読んで下さった方、ありがとうございます m(__)m



スポンサーサイト
Posted by Kei
comment:0  
[富士山]  thema:登山 - genre:趣味・実用
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。