Love the mountains !!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Kei
 
[スポンサー広告
山行記録 金峰山 2010.11
■瑞牆山荘から金峰山(三度目の正直)

【日程】
日程:2010年11月21日 日帰り
天候:ぴーかん

【アクセス】
瑞牆山荘駐車場(無料)

【ルート】
7:10瑞牆山荘-7:50富士見平小屋-8:40大日小屋-9:10大日岩-11:30金峰山山頂13:00-16:00瑞牆山荘



【メモ】
★登山道
砂払ノ頭で稜線に出ます。
その先の岩場は、山梨県側が切れ落ちているところがあります。
(山と高原地図で「危」マークのところ)
強風にあおられないように注意が必要です。

★五丈岩
旦那さまは結構簡単に登っていました。
この時期は石が冷たくて厳しいです。

★金峰山バッチ
瑞牆山荘にて購入(1種類/500円)

★温泉
みずがきランドに行こうとしたらもう営業終了しているようでしたので、たかねの湯まで行きました。
ここはいつも地元の方々で賑わっていますが、広いので快適に利用できます。

【写真】
PB210026.jpg
駐車場(6:30到着、5~6割程度)

PB210001.jpg
瑞牆山荘前の登山口からスタートします♪
(登山口の公衆トイレは11月25日から閉鎖とのこと)

PB210003.jpg
富士見平小屋のテン場。泊まり組みもチラホラ。
スゴイなぁ・・・私にはここのテン場に泊まる勇気がない >_<;;

PB210005.jpg
大日小屋。崖の下に。ここに建てたのは何かワケがあるのかな??

PB210006.jpg
こちらのテン場も数張。GWの縦走ではココに泊る予定でした。

IMG_5962.jpg
大日岩。去年はココまで。ここの岩の上でお昼を食べるのも最高です。

IMG_5897.jpg
樹林帯を抜け砂払ノ頭。絶景~。
風さえなければ、ずっとココに居たい・・・。

IMG_5957.jpg
山梨県側の絶壁。 稜線は多少幅があります。
すごい危険というわけではないですが、強風で身体をもってかれるのが怖いです。

IMG_5899.jpg
南アルプス。白峰三山。

IMG_5901.jpg
富士山。だいぶ雪かぶってきたかな?
なんだか今日はいつもよりもシャープな気がする。カッコイイ。

IMG_5920.jpg
瑞牆山と八ヶ岳

IMG_5916.jpg
五丈岩が見えてきた。遠くからみると小さく見えるけど・・・、

IMG_5950.jpg
とってもおっきいです。
結構大きな落書きがあって、切ない気持ちになります。

IMG_5931.jpg
金峰山山頂。2595m
とにかく風が強い!ので岩陰に隠れてランチを。

IMG_5965.jpg
瑞牆山。ほんと独特ですね。
深田久弥氏は、「針葉樹の大森林からまるでニョキニョキと岩が生えているような」と表現したそう。


【Diary】
金峰山。三度目のチャレンジです。

一度目は去年の11月頭。同じく瑞牆山荘から。
この日は石の表面が凍ってツルッツルでした。
初心者連れでかなりタイムオーバーしてしまい、大日岩でのんびりお昼を食べて引き返しました。

二度目は今年のゴールデンウィーク。
甲武信ヶ岳~金峰山~瑞牆山 という2泊3日の奥秩父大縦走・初の残雪期登山を綿密に計画し、満を持して出発 !
甲武信のピークを踏むまでは順調だったものの、その後大弛峠まで辿り着けずに敗退。
(初経験の雪山装備の重さと踏み抜きによる体力の消耗が敗退理由)

そして今回、ようやく金峰山山頂に♪
お天気が良くて素晴らしい展望でしたが、稜線に出てからずっと風が強くてとにかく寒かったです。
暑かったり寒かったりで、脱いだり着たりと忙しく、、もうちょっとレイヤリングを工夫せねば~。

スポンサーサイト
Posted by Kei
comment:0   trackback:0
[金峰山]  thema:山登り - genre:趣味・実用
comment
comment posting














 

trackback URL
http://yamakei33.blog77.fc2.com/tb.php/11-99bfcba8
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。