Love the mountains !!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Kei
 
[スポンサー広告
山行記録 仙丈ケ岳 2010.9
■南アルプスの女王 仙丈ケ岳(北沢峠から)

【日程】
日程: 2010年9月18日 日帰り
天候: 晴れ のち曇り 時々晴れ
駐車場: 芦安第一駐車場

【ルート】
8:00北沢峠-9:10大滝頭五合目9:20-10:10小仙丈ケ岳10:20-11:20仙丈ケ岳11:30-11:50仙丈小屋12:20-13:30大滝頭五合目-14:20北沢峠



【メモメモ】
★芦安駐車場
金曜日の深夜2:30頃到着、バス乗場に一番近い第2,3駐車場は既に満車でした。

★芦安→広河原→北沢峠
3連休初日となった9/18(土)朝の状態は以下の通り。
5:00前にバス乗場に着く。朝一番の乗合タクシーは既に全台出発した後。
5:10発のバスに並ぶ。7台用意されたが、定員オーバーの為、乗れず。
「立ってでも乗りたい人はどうぞ~」とのこと。
5:40のバスを待つが、出発が遅れる。
6:50広河原に着いたところ、北沢峠行きの始発(6:50)は既に出発した後( ゚д゚)ノ"
その後、臨時バスが来て北沢峠に着いたのが、8:00。

★登山道
北沢峠から小仙丈ケ岳を経由した仙丈ケ岳に向かう登山道は危険個所はなし。
にぎやかな子供連れのファミリーも何組か見かけました。
将来は子連れ登山もいけそうです♪

★スカート快適度(個人的感想):○
岩々のところはズボンの方が安心かも。
個人的にはスカートで問題ナシ。

★仙丈小屋
仙丈ケ岳バッチ500円(3種類)。
帰りに長衛荘の売店をみたら、全く同じ3種類が売っていました。
お買い忘れの方は是非(・∀・)

【写真】
P9180001.jpg
北沢峠、長衛荘。 とーっても素敵な感じ。
いつの日か是非泊ってみたいですね。

IMG_3971.jpg
甲斐駒ケ岳。有無を言わさず、カッコイイ・・・♪
私に少しでも絵心があれば、、是非スケッチしたいところですが、
ひどいのが出来上がるので、やめておきます(・∀・)

IMG_3997.jpg
小仙丈ケ岳

IMG_4012.jpg
こんな感じの岩々もあるので、ズボンの方が安心かもしれません。
個人的にはスカートで大丈夫でした。

IMG_4001.jpg
小仙丈カール 何とも美しい自然の曲線
この気品のある山容が女王と称される由縁だそう。

IMG_3988.jpg
愛おしい北岳。

P9180008.jpg
ガスにまみれてしまった山頂。でも落ち込むのはまだ早いです。
こんな時こそ雷鳥と出逢えるチャンス。

IMG_4036.jpg
ってホントに出てきてくれました! しかも!! 飛んだ瞬間をパシャリ!!
何だか ゴミ でもついちゃったみたいな写真に見えますが・・・、
雷鳥が左に向かってバタバタっと飛んでいるところです。

P9180010.jpg
千丈小屋 もうちょっとしたアパートか寮みたいですね。
住んでみたいものです。


【Diary】
2010年シルバーウィーク。
渋滞&混雑の大嫌いな旦那さまからどこにも行かなそうな気配が漂います…。
どこにも行かないなんて、もったいないオバケが出るヨ(・∀・)?

そんななか、、何故か「仙丈日帰りなら行ってもイイヨ。」というので、行ってきました。
南アルプスの女王!仙丈ケ岳!イヨッ!

しかしながらやはり3連休とあって、土曜日の早朝の芦安はすごい人になってました。
私たちが駐車場に着いたのが3時前、既にバス乗場でバスを待ってる人がいました。
観光バスで着いた人たちが降ろされて待っている様子です。
自宅を出発後、寝てるだけで目的地に着くという運転手つきマイカーに感謝してもしきれません。
ホントにいつもありがとう(´Д`)。

それにしてもちょっと3連休の南アルプスを甘く見過ぎていたかも。
出来れば乗合で行きたいね~と思いつつ、定刻の少し前に行けば大丈夫かな、と思ってました。
バスの時刻表はあまりあてになりません。人が多ければ定刻前に出発してしまうし、乗り切れなかったら、次のバスを待たなければなりません。
(という可能性も事前に考慮して計画を立てなければいけないことを学びました)

広河原行きの始発が定員オーバーになった時、立ってでも乗っていきますっ!という人が結構たくさんいましたけど、あのバスで1時間立っているのは、相当体力を消耗すると思います。普段からバスに乗りなれている人ならまだしも、ちょっと覚悟がいります…。
途中で具合が悪くなって途中下車した人が、歩いて降りて来てました。

結局、北沢峠到着が予定より45分遅れました。
山と高原地図のコースタイム通りに歩けたとして、帰りの最終バス15:30がかなりギリギリになってくる為、焦って出発です Σ(゜口゜;

北岳を目指す人が圧倒的に多いようで、次に甲斐駒。仙丈ケ岳は思ったほど人がいませんでした。
北岳へ向かう大きい荷物を背負った人々がとても凛々しく見えます。良いな~泊まり…楽しそう。
自分が縦走している時は、日帰りの軽装の人が羨ましくて仕方ないのに! 変なの(´・ω・`)

8:10スタート! 荷物も軽いし頑張るぞっ!
ってことで張り切りすぎたのか、五合目まで2時間のところ1時間で着いてしまいました。
いくら荷物が軽いと言っても、これは早すぎるかな?どうやら今日のコースタイムは甘めと判断。
15:30のバスも大丈夫だろう、ということで、ここからは割りと落ち着きました。

仙丈ケ岳の山頂は残念ながらガスの中で展望ゼロでした。
女王はそう簡単には姿を現さず!といった感じです。また来よう。
でもカールは美しかったです。とても優しい曲線でした。
「母なる大地」という言葉が生まれた理由が分かる気がしました。

そして、印象的だったのは五合目~小仙丈付近から見える甲斐駒の姿です。
初めてまじかで見る甲斐駒ケ岳に圧倒されました。他の山々とは明らかに異質です。カッコイイ…!
ついこの前、鳳凰地蔵岳の方から眺めていた時とは全然違いますね。

北沢峠には結局14:30頃に着くことが出来ました。
既に15:30の広河原へ戻るバスを待つ人の行列がありました。
疲れていることもあり、うつむいてグッタリの人々がベンチにづらり。
それぞれ戦いの後って感じがして、好きな光景です。

帰りは乗合タクシーに乗れたので、すんなり芦安まで戻ることが出来ました。
次回は、北沢駒仙小屋か仙水小屋にテン泊でよくばり仙丈&甲斐駒というのも良いかもしれません。

スポンサーサイト
Posted by Kei
comment:0   trackback:0
[仙丈ケ岳]  thema:山登り - genre:趣味・実用
comment
comment posting














 

trackback URL
http://yamakei33.blog77.fc2.com/tb.php/2-d5d6bcda
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。