Love the mountains !!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Kei
 
[スポンサー広告
山行記録 鳳凰三山 2010.9
■鳳凰三山(青木鉱泉から登りドンドコ、汗もドンドコ、下り中道)

【日程】
日程: 2010年9月3日-4日 1泊2日テント泊
天候: 1日目:晴れのち曇り 2日目:快晴
駐車場: 青木鉱泉駐車場(750円/日)

【ルート】
1日目:
6:00青木鉱泉登山口-南精進滝-白糸ノ滝-五色ノ滝-12:00鳳凰小屋-地蔵岳-鳳凰小屋テント場
2日目:
6:00鳳凰小屋テント場-7:00鳳凰小屋分岐点-7:40観音岳8:30-9:00薬師岳-薬師小屋-薬師岳10:10-御座石-14:10林道出合登山口



【メモ】
★青木鉱泉駐車場
一日750円。料金は青木鉱泉で払います。
朝はまだ閉まっていたので、降りてきてから支払いました。
未払いの車のナンバーは控えられています (ノ゜ο゜)ノ
登山ポスト、水場、トイレ、あります。

★ドンドコ沢
登り始めてすぐに分岐があります(山側と川側)が、後で合流します。
川側の方がコースタイムが10分短いです。
キツイと言われていますが、確かにキツイです。でも名瀑が幾つもあるので、頑張れます。

★五色ノ滝への分岐
滝壺まで降りられます。降りない人が多いみたいですが、絶対もったいない~!

★地蔵ケ岳
靴が砂まみれになってしまったので、スパッツがあると良いかもです。
オベリスクにかかるロープの真下まで行くには、右側から回りこんだ後、石の下(トンネル)をくぐります。

★観音岳山頂
360℃大パノラマがとにかく素晴らしい。ずっと居たいって思える場所です。
なので、お天気がとても重要だと思います!

★鳳凰小屋テント場
一人500円。水場無料。バッチ700円(3種類)
金曜日だったこともあり、6張程度。

★鳳凰小屋から観音岳への近道
看板がなく分かりづらいですが、水場の横を通って沢まで降りて、その先にある梯子をあがります。

【写真】
P9030001.jpg
青木鉱泉。登山ポスト、水場、トイレあり。
準備万端でスタート!

P9030003.jpg
ドンドコ沢。
相当汗を絞られる。ひたすら登る。かなりキツイ…!

P9030006.jpg
スタートから2時間でようやく南精進滝に到着。滝壺に飛び込みたい~。しばし癒される。

P9030008.jpg
白糸ノ滝。
それにしても名瀑が3つもある♪歩いた人だけへのご褒美なのがイイ!

P9030013.jpg
五色ノ滝へ降りる道。
通る人が少ないのか、しばし藪こぎ状態。あざみにチクチクされつつ進みます。

IMG_3502.jpg
五色ノ滝。

IMG_3510.jpg
虹がかかる。気持ちイイー!!

P9030019.jpg
サングラスをしてると雪渓に見える?!花崗岩の白い山肌。

P9030035.jpg
鳳凰小屋に到着ー♪頑張った、私!!
で、旦那様といえばテントを張り終えて、ビールも飲み終えてるし…(;゚ロ゚)

IMG_3525.jpg
地蔵ヶ岳へ向かう。砂に足を取られて歩きづらいが、一歩一歩進むしかない… 。

IMG_3558.jpg
地蔵ヶ岳。

IMG_3567.jpg
オベリスク。想像以上におっきいー。

IMG_3571.jpg
旦那様、登頂成功!!
私はとてもムリ。下から拝みます。ナームー。


夜は、満点の星と天の川。オヤスミナサーイ。

IMG_3670.jpg
2日目は絶景のオンパレード! 地蔵ヶ岳のバックに甲斐駒ケ岳!

IMG_3720.jpg
甲斐駒の後ろ!右の方。よーーーく見ると、、北アルプス!槍も見える!

IMG_3642.jpg
千丈。 美しい形容。

IMG_3662.jpg
八ヶ岳。一望の一言。こんな日が来るなんて…感動 (;_;)

IMG_3674.jpg
もちろん日本一の富士山も。

IMG_3738.jpg
観音岳。
360℃大パノラマ。スゴイの一言。ずっとココに居たいー。

IMG_3692.jpg
北岳、間ノ岳、農鳥、西農鳥。
去年の縦走コースが一望。なんか愛おしい。

IMG_3759.jpg
三山最後の薬師岳。
薬師小屋に寄り道してバッチ購入♪
残惜しいけど、、いざ中道を下る!

P9040060.jpg
無敵ダッシュしたい・・・(´・ω・`)


【Diary】
鳳凰三山は、地蔵ヶ岳・観音ヶ岳・薬師ヶ岳の3つの山の総称です。
『南アルプス薬師岳で遭難事故・・!』
というくだりで岳の12巻、青木くんのお話の冒頭に登場するのです。
(薬師小屋の小屋番さんが教えてくれました・・・気が付かなかった!)

出発前のコース選定にあたり、調べたところでは、夜叉神からのルートが一般的のようでした。
ただ、マイカー&テント派にとっては、薬師小屋にテン場がないのと、
何よりピストンを避けられるので青木鉱泉がベストかな、と思ってしまったのです・・・。

青木鉱泉からの道は、迷いそうな場所はなく、終始ルートは分かりやすいという印象でした。
ドンドコ沢の登りは確かにキツかったです。笑っちゃうくらいです。
でも途中の滝ですごく癒されつつ、何とか登ることができました。

下りに使った中道の方が断然歩きやすいです。
コースタイム3時間45分となっていますが、旦那さまは2時間で降りてしまいました。
グダグダの私は4時間半。トレラン組も居たので、かなりスピードの出せるコースのようです。

もう一度ドンドコを登るとしたら、とても覚悟が入ります。
次回は夜叉神から入る。と心に決めています。
でもドンドコ沢を一度も通ったことがないというのも何とももったいないです。
(あの素晴らしい滝が無ければ、未練もないんだけどなぁ)

鳳凰三山を日帰りするスゴイ人たちもいます。
でも私の場合、せっかく行くのにもったいないな~って思っちゃいます。
観音岳山頂からの360℃大パノラマは素晴らしい絶景なので、
ここでゆっくり時間を取る為にも、やっぱりのんびり泊まるのが良いですね。

鳳凰はリピーターが多くて、みんな何度も訪れていると聞きましたが、とても納得でした。
私も、、帰ってきたばかりだけど、すぐにでもまた行きたいっ!
と思えるような山行になりました。

関連記事
スポンサーサイト
Posted by Kei
comment:0   trackback:0
[鳳凰三山]  thema:山登り - genre:趣味・実用
comment
comment posting














 

trackback URL
http://yamakei33.blog77.fc2.com/tb.php/3-f3786442
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。