Love the mountains !!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Kei
 
[スポンサー広告
山行記録 天狗岳 2011.6
週末、八ヶ岳に行ってきました

今年の1月に体調不良で敗退した天狗岳。
1月は唐沢鉱泉でしたが、今回は桜平をスタート地点に選びました。
夏沢鉱泉からオーレン小屋、根石岳を経由して東天狗、西天狗をピストンしてきました。

編笠山・権現岳や赤岳もまだ行ったことがなくて、行ってみたいところはたくさんあります。
八ヶ岳って八ヶ岳だけにピークがたくさん!登山口・ルートもたくさんあって、つまりは選択肢がたくさんあります。あり過ぎて優柔不断な人間にはツライ...。

こちらのサイトのコース地図は全体像がざっくりと分かり易く把握出来て、大変助かります。
八ヶ岳登山ルートガイド
http://www.yatsugatakes.com/index.html

今回は仕事先の方々とご一緒させて頂きました。
とはいえ今は部署が皆バラバラです。会社では顔を合わせられないので、夜中に、skype会議でこういった地図や天気予報や山行記録を共有しながら計画を立てています。何ともハイテクな時代です。


■八ヶ岳山行(桜平-夏沢鉱泉から天狗岳)

【日程】
日程: 2011年6月19日(日) 日帰り
天候: 予報に反して回復せず、曇り
    稜線はガスワンダー...八ヶ岳っていつ晴れるんだろうー?!

【駐車場】
桜平駐車場(無料・約70台)
手前のほうに止めたら思いがけず登山道入口がすぐでした。

【ルート】
9:50桜平-夏沢鉱泉-オーレン小屋-根石岳-東天狗-西天狗(ここで折り返し)-東天狗-根石岳-夏沢峠-オーレン小屋-夏沢鉱泉-桜平16:00

【メモ】
★Yahoo!天気情報
-茅野市ピンポイント天気-

★唐沢鉱泉との分岐から桜平までの道路
結構ハードでした。割れたバンバーなどが落ちていました。

★温泉
縄文の湯 日帰り入浴400円(安い!)
露天風呂アリ・地元の方々ご愛用といった感じでした。

【写真】
P6190001.jpg
唐沢鉱泉と桜平の分岐です。

ここから桜平まで、悪路です。悪路って書くと大変申し訳ないんですが、、
だって道は別に悪いことしてないしネ..。
横着して、車で入ろう!って方が悪いんです。
とにかく道中割れたバンパーが何個か落ちていましたので、車高が低い車はNGだと思います。

P6190002.jpg
桜平です。登山道に近い駐車スペースが空いていましたので、ラッキーでした。
到着が9時過ぎと遅かったので、9割がた埋まっておりました。
晴れてたら駐車スペースが無かったかもなぁ。

P6190003.jpg
登山道入口です。スタート♪
先日の筑波山があまりにも暑くて、今日は短パンにしてしまったけど、ちょっと寒い...。

夏沢鉱泉までは、車も通る道路を行きます。(一般車はNG)
なかなかどうして地味にしんどい登り坂です。
歩き始めるとすぐに温まります。暑い!短パン正解!

そしてあっという間に夏沢鉱泉に着きます。
夏沢鉱泉の標高は2050mです。立ち止まると汗が一気にヒョーって冷えていきます。

P6190009.jpg

旗が!ネパールのベースキャンプみたいです。
小屋内は、昨日から泊まっていて下山してきた方たちで賑わっていました。

行きも帰りもこちらでお手洗いをお借りしました。
チップ100円。水洗で綺麗なお手洗いでした。

P6190006.jpg

「タルチョ祭」 
何かは知りませんが、美味しそうな名前のお祭りです

さて次はオーレン小屋まで!
またまた地味にしんどい登りです。30分ほど。

P6190015.jpg

オーレン小屋の名前の由来が気になったので、帰ってきて調べてみました。
オウレン(セリバオウレン・ミツバオウレン)という高山植物の名前からきているそう。
花の名前の山小屋っていうのもまた素敵ですね
「山びこ壮」とかの直球な感じも好きだけど。

P6190016.jpg
女性スタッフ募集中
一週間くらいなら仕事休めるんですが...、超短期とかダメかな?
「料理が得意な方」 ... ハードル高し...

P6190013.jpg

小屋の前に積んであった薪です。
同行のWさんが、この写真をデスクトップにするんだと言うので、真似して私も撮ってみました。
面白い!なかなかイイ感じかな?秋冬向きの壁紙ですね。

P6190017.jpg

ひとつめのピーク、箕冠山です。
根石岳方面へ向かいます。

この後いよいよ樹林帯を抜け、ガスワンダーに突入です。
P6190025.jpg
稜線は風が強くて、とにかく寒い!
視界もほとんどナシ!

P6190018.jpg
根石山荘です。ワイルドな外観とは裏腹に優しい小屋番さん。
何と暖かいお茶を出してくれました。
そんなに優しくされたら、もう旅立てなくなってしまいます。

P6190021.jpg
根石岳(イメージ図)
小屋内に飾ってあった写真かと思いきや油絵でした。
有難く心に刻みます。

二つ目のピーク、根石岳です。2603m
P6190023.jpg

いよいよ天狗岳!まず東天狗から。

続いて西天狗のピークです。
P6190034.jpg

東より西天狗の方が開けているので、ランチを広げるのに良いかも知れません。

P6190047.jpg
今回の山行で一番の危険スポット!
両端がスッパリ切れ落ちているので、ドキドキです。
晴れてたら下まで見えてもっと怖いかも。

P6190050.jpg
帰りは夏沢峠を経由しました。
ヒュッテ夏沢とバックに硫黄岳ですが、全貌は分からず。
また来るからいいもん。

P6190057.jpg
スーパーマクロモードで撮影してみました。
デスクトップの壁紙はこっちの方がいいかなぁ♪

【Diary】
梅雨の合間の新緑は本当に美しいですよねぇ。
水を含んだ森全体がしっとりしていて、樹林帯歩きは本当に心地よくて、心もしっとりしました。
頬ずりしたいくらいにラブリーな苔もたくさんありました。
あちこに新芽や蕾があってエネルギーももらえました。

それもこれも長い冬があってこそ。
四季って本当に奇跡みたいなものだと思います。

これであと稜線の展望がドドーン!とあれば...。
八ヶ岳って一体いつ晴れるの~?!

この日は、高速道路の休日上限千円ラストでした。
渋滞覚悟で出かけましたが、お天気の悪さもあってか想像した以上に渋滞はありませんでした。
帰りが遅かったのもありますが、いつもの小仏トンネル手前の渋滞だけでした。



関連記事
スポンサーサイト
Posted by Kei
comment:0  
[天狗岳]  thema:登山 - genre:趣味・実用
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。