Love the mountains !!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Kei
 
[スポンサー広告
山岳保険に加入します
厳密に言うと、モンベルの 『野外活動保険』 に加入しようと思います。

白根三山を縦走したときに、最終日、大門沢小屋から奈良田へ下る樹林帯の中で、登山道からほんの数メートル滑り落ちただけで身動きが取れなくなってしまった方を見かけたことがありました。
朝、大門沢小屋前で準備しているときの印象では、年季の入った装備や道具、行動からベテランの3人パーティのようでした。
後から来た別のパーティに下山して救助を呼んでくださいとお願いしていて、学生さんらしき若者2人が引き受けて、早足で下山していきました。その場所は携帯の電波が入らない場所でした。
約2時間後、私たちが登山口に到着するころ、救助隊の方々がどんどん入っていきました。

こういってはなんですが、本当になんてことのない樹林帯の登山道でした。
夜に雨が降ったので、滑りやすかったかもしれません。
本当にどこで何があるか分からないもんだなぁ...としみじみ思った次第です。
ただ、落ちた方も含めて、3名とも驚くほど冷静に行動されていたので、きっとちゃんと保険とか入ってるんだろうね?やっぱ入らなきゃね?..なんて話しながら下山しました。

気が付けはあれから2年以上...。

先日ふとしたきっかけでモンベルが保険を取り扱っていることを知りました。
モンベルはコスパが良い製品が多いと常々思っていたので、何となく保険も安心して申し込めるような気がして、早速調べてみたところ、2種類ありました。

 『野外活動保険』
   トレッキング、ハイキング、キャンプ、サイクリングやゲレンデスキーなど、
   さまざまなアウトドアライフを楽しむ方のための保険です。
   ※本格的な登山は対象外

 『山岳保険』 
   ピッケルやアイゼン等を使用した本格的な山岳登はんや登はん用具を必要とする
   山岳スキーなどをする方を対象とした保険です。

ふむふむ。問題は「本格的な登山」の定義ですよね。
パンフレットではわかりづらかったので、電話して確認してみました。
アイゼン、ピッケル、登攀用具を必要とする登山、また、いわゆるバリエーションルートと言われるようなルートは『野外活動保険』の対象外です。『野外活動保険』の対象となるのは、一般登山道と考えてください、とのことでした。さらに一般登山道の目安として、「山と高原地図の地図に “実線” で描かれているルート」とのことでした。
なるほどなるほど。それは分かり易い。

早速、山と高原地図を引っ張り出して、
穂高の大キレットを確認する。
劔岳のカニのタテバイ&ヨコバイを確認する。

いつか行くはずの私の想像できうる限りの一番の危険箇所。
両方とももちろん実線でした。

その後も色々を地図を見てみると、実線よりも破線のほうが必ずしも危険ということではないようだと分かりました。実線は、危険度の大小は別にして、ある程度整備されたオフィシャルな登山道ということかな。
そっか。まさしく一般登山道だ。
破線のルートで登山計画を立てることはまずないので、今の私には野外保険活動で十分なようです。
しかも!一体いつ行けるのか分からないけど、海外もOK!

ちなみに、アイゼンやピッケルが必要な登山という判断は、ある程度常識の範囲なんだと思うんですが、最終的には保険会社が判断するんでしょうね?まだまだ雪山ハイキング程度なので、あんまり関係ないかな。そのあたりは詳しく聞きませんでした。

医療保険などには別途加入しているので、必要なのは救助費用の補償と万が一の賠償責任補償。
ということでシンプルプランが私のニーズにぴったり。
保険料は1年間で2990円です。
ちなみに保険期間を3年や5年にすると、保険料が少し割安になるようです。

補償は、
死亡・後遺障害:200万
個人賠償責任:1億
救援者費用等補償:500万
のみです。ほんとシンプル。だから安い。

いつも「お金かかるから探さないよ。」と言ってる旦那さんも、
これで探さざるを得ないんじゃないかと...。

早速オンラインで申し込み!しよう思ったのですが、まずはモンベルメイトの登録から...orz
こういうほんのささいなことが億劫でハードルが上がってゆく...。
申し込みはまとまった時間が出来たときにしよっと。


関連記事
スポンサーサイト
Posted by Kei
comment:2  
[日記]  thema:登山 - genre:趣味・実用
comment
山岳保険について
はじめまして、山岳保険は大切ですのでぜひ加入をおすすめします。
記録を見ますと12月に天狗岳に行ってますが、これはハイキングではなく、アイゼンやピッケルが必要な登山になりますので、野外活動保険では担保されません。
山登りは、はまるといろいろなことがしたくなるので山岳保険の方が良いと思います。
(社)日本山岳協会の山岳保険もコスパは良いので、比較検討してみてください。
それでは、気をつけて登山を楽しんでください。
2012/03/18 06:52 | | edit posted by よかっぺ
Re: 山岳保険について
よかっぺさん
コメント及びアドバイスをありがとうございます。
本当に仰る通りですね。先日も西穂独標まで行ってきました。
今シーズンはあとGWの残雪期にどこか行けるかどうかといった感じですので、来冬シーズンに入る前には必ず一度見直したいと思います。
2012/03/19 13:34 | | edit posted by Keiko
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。