FC2ブログ
Love the mountains !!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Kei
 
[スポンサー広告
山行記録 立山 2010.10
■初雪舞う立山(雄山-大汝山-富士ノ折立)と黒部ルート見学会

【日程】
日程:2010年10月26日-27日 1泊2日立山高原ホテル泊
天候:10/26(火) 曇りのち雪(山頂付近は吹雪)
   10/27(水) 晴れ(関電見学日)

【アクセス】
◇行き
22:40東京八重洲口(JR高速バス)-翌6:00富山駅-6:28電鉄富山駅-立山駅-美女平-8:50室堂
★東京駅→富山駅:驚きの価格4670円(JR高速バスの早割21/ネット割利用)

◇帰り
16:01欅平-宇奈月-宇奈月温泉-新魚津-魚津-越後湯沢-21:20東京
★帰りは越後湯沢から新幹線でした

【ルート】
10/26(火)
9:30室堂-10:10一ノ越-11:05雄山11:15-11:40大汝山11:45-12:00富士ノ折立12:05-12:25大汝山-12:45雄山13:30-14:30一ノ越-15:15室堂
(立山高原ホテル泊)



【メモ】
★登山道
一ノ越までは石畳、その先も特に危険箇所はナシです。
怖かったのは、稜線での突風。
それから雪でペンキ印が見えなくなってしまいました。

【写真】
PA260001.jpg
東京駅から高速バスで富山駅に到着です。電鉄富山駅。ココから出発します。

PA260002.jpg
懐かしい券売機ですね。
立山駅までは1170円。

PA260006.jpg
おおぉ。すごいたくさん飾ってあります。

PA260004.jpg
平日の朝ってことで、朝早いにも関わらず学生さんが結構居ました。朝練かな?

IMG_5106.jpg
立山駅からケーブルカーに乗ります。

IMG_5113.jpg
美女平からは高原バスに乗り換えます。

IMG_5121.jpg
室堂ターミナル。見上げる立山は残念ながら雲の中。

IMG_5131.jpg
舗装石畳の道を登ってゆきます。雪のゆの字もないのですよー、この時は。
数時間後、雪に埋まるとは…。

IMG_5145.jpg
25分程で一ノ越山荘が見えてきます。

IMG_5149.jpg
稜線はものすごい強風。雲も流されてしまって、この日唯一拝んだ青空です。

tate1.jpg
標高を上げるほど怪しい感じになってきました…。
まさかのえびのしっぽon岩。

IMG_5184.jpg
雄山山頂へ。ここまで室堂から1時間半程です。

IMG_5190.jpg
雄山山頂。3003m
神聖な場所ですね。

IMG_5206.jpg
大汝山山頂。立山の最高点(3015m)です。
ですが雄山に比べ寂しい感じでした。

IMG_5237.jpg
富士ノ折立。
山頂看板は最高点の石から2m位先に転がっていましたヨ…。

IMG_5259.jpg
雪の中、富士ノ折立山頂を眺めます。ここは山頂へのルートが見つけづらい。

IMG_5268.jpg
本格的な吹雪に…!! 下山を急ぎます。

IMG_5290.jpg
雄山山頂もすっかり雪の中

PA260020.jpg
石畳もこの通り真っ白に。でもここまで降りてくれば安心です(涙)。

PA260022.jpg
夜。標高2300mでこの御食事 !!
ありがたや~。

IMG_5300.jpg
2日目朝。晴れそうな予感 !!
ホテル(天狗平)の部屋から見る奥大日岳。

IMG_5310.jpg
遠くに剱が見える。
今回は剱はもう見えないかと思っていたので、テンション上がります !!

IMG_5316.jpg
立山高原ホテルさん。
お世話になりました。

IMG_5337.jpg
昨日とはうって変わって、快晴の室堂からの立山 !

IMG_5347.jpg
雄山山頂ズーム。一晩で真っ白ですよ~。もう笑っちゃいます。

IMG_5351.jpg
室堂からトロリーバスで立山(雄山)の真下を通過します。

IMG_5367.jpg
大観峰から。紅葉の上に雪が被ってなんともいえない色合いですね。

IMG_5394.jpg
ケーブルカーで黒部湖に到着です。

IMG_5395.jpg
黒部ダム・赤沢岳

IMG_5439.jpg
黒部ダム・遠くに赤牛岳(200名山)

駅長室前から見学ツアー出発しまーす。

タル沢横坑からの裏剱と紅葉。
これがまさしく関電ルートならではの景色だそうです。

タル沢から見る裏剱

関西電力黒部第四発電所内。通称クロヨン。1基稼働中。

休憩中のタービン。メンテナンスを受けたら復帰するそう。

仙人谷ダム。ここから3~4時間のところに秘湯仙人湯小屋があります。
いつか絶対行ってみたいところの一つです。

仙人谷駅。関電見学以外では来れない駅?!
(水平歩道を歩いたら来られるのかな・・・)

欅平。この谷間から立山方面と後立山への登山道があります。

人喰岩

足湯でしばしのんびーり。2日間大満喫でした!
東京までの道のりはトオイ…。

【Diary】
関西電力主催の黒部ルート見学会に当選したので、せっかくだからと、前日入りして立山に登ってきたのですが、まさかの初雪というか吹雪に見舞われて、思いがけず雪山ハイキングになりました ^^;;

冬型の気圧配置。降れば雪だろうと、覚悟はしていたのですが、
翌日の見学会には最小限の荷物で参加しなければいけないので、フルスペックとはいかず・・・。
みるみるうちに白銀の世界へと変わっていく視界に山の恐ろしさを感じました。
山小屋ももう全て閉鎖されていましたし、平日の悪天候とあって、最後まで誰とも逢いませんでした。
無事に降りてこられて良かったです。

翌朝。一晩中降り続いた雪は、除雪機を必要とするくらい降り積もって、高原バスが少し遅れての運行となりました。
フロントのお兄さんは、明日も雪の予報だと言ってたのですが、、
室堂で地獄谷の硫黄の匂いがしたので、翌日は晴れる!(←こう書いてあったのです)
と期待していたら、本当に晴れたのでビックリしました!

カーテンを開けると、次の目標である剱岳が目の前にありました♪
(今までの人生の中で一番近付きました >_<)
こうなるとなんだかもう登ったも同然のような気がしてきますネ(´・ω・`)

室堂から黒部ダムまで移動して、見学会の開始です。
以下の本でお勉強して行きました。
 ・黒部の太陽/木本正次
 ・高熱隧道/吉村昭/新潮社

映画も見たいなぁ・・・と思ったのですが、石原裕次郎氏の遺言のため、ビデオやDVD化していないのだそう。残念。昨今、家庭用テレビもずいぶんと大画面になってきたし・・・そろそろどうでしょうかネ・・?
上映もしていないですし、見る手段がないというのは、とてもはがゆいものですね。
何でもすぐ手に入るコトに慣れすぎていますかね・・・ ^^;;

立入禁止の場所に入っていくワクワク感を楽しみつつ、色々と感じることもありました。
言葉にするのは難しいですが、畏敬の念や、また一方で無常さのようなもの。
付き添いの案内人を務めてくれた方が、昔はインクラインを運転していたこともあるそうで、愛着を持っているのが伝わってきて心地よかったです。

また見学会に携わっていた係りの方が皆さん良い人で、
ここマニアックだから写真撮った方が良いよ!ってあちこちで写真を撮ってくれました ^^

黒部ダム出発コースは、欅平でヘルメットを返して解散です。
とても貴重な体験が出来ました!

スポンサーサイト
Posted by Kei
comment:0   trackback:0
[立山]  thema:山登り - genre:趣味・実用
comment
comment posting














 

trackback URL
http://yamakei33.blog77.fc2.com/tb.php/9-7ce42c77
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。