Love the mountains !!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Kei
 
[スポンサー広告
第39回気象予報士試験 受験記
ブログの更新がすっかりご無沙汰になってしまいました。
(コメントを頂いた方々には「承認待ち」になってしまって申し訳ありませんでした。記事の更新が1ヶ月以上無い場合、自動的にそうなってしまうようです)

さてさて。

試験、お疲れ様でした!!!

無事に受験して参りました、平成24年度第2回(第39回)気象予報士試験!



今回で3回目の受験となります。会場は成蹊大学キャンパス。

とても寒い日でしたが、教室内はしっかり暖房が効いていて、着いたばかりは暑いくらいでした。この後、暑すぎるということで温度調整されたのか、試験時間の後半になると、私の席には次第に冷風が来るようになりました。なので、とにかく寒かったです!
まぁでもそれほど気にとめてるヒマもなく、試験時間は あっ! という間に過ぎていきました。

ただ風があたるので、次第に手先が乾燥してきてなかなかページがめくれない(笑)。
お肌の油分も減ってくる年頃なのか・・orz

今回は学科2科目免除申請し、実技試験のみの受験です。ここを突破できれば晴れて気象予報士試験に合格となります。

試験の手ごたえはというと・・・正直よく分かりません。出来たと言えば出来たような、出来なかったと言えば出来なかったような。
感想としてはまず、実技1、2ともにとにかく図表が多い!そして問題数が多くて時間が足りない!
等温線や等圧線を引くという時間がかかる作図(私だけ?)の問題も2問というのは多い!

過去問題は常に時間を計り75分間で解くような習慣をつけてきましたが、全部解答出来なかったのは、本番ならではの緊張と、やたらと問題数が多いせいではないかと思いました。実際どうなんでしょう?何か今のところ見直すのが恐くて、試験が終わってから問題を一度も開いていません(笑)。

実技1については、途中の計算問題3問を後回しにしましたが、ちょうど最後まで解答して時間切れ。飛ばした計算問題に戻る時間がありませんでした。
実技2については、気圧を答える問題?などをいくつか飛ばして、やはり最後まで解答したところで時間切れ。一切戻れませんでしたし、見直しも出来ませんでした。記述式も一箇所空欄だったかな~・・・。

記述問題については、求められている解答の方向性は結構どの問題も見つけることができたような気がしますが、それをうまい文章で書けたかどうかは不明です。ド緊張から十種雲形も一瞬全部飛んでしまったり、、まぁ何というか・・・燃え尽きました。

結論・・、とにかく自分なりにはスゴイ集中力を発揮して、ベストを尽くすことが出来たと思います。

これで合格するのか?しないのか?検討がつかない・・・。
解答例の発表がコワイ・・・。
自己採点はあまりあてになりそうに無いので、合格発表日まで見ないでおこうかな・・・。


とにもかくにも、頑張りました。

皆様もお疲れさまでした ^^ !!


関連記事
スポンサーサイト
Posted by Kei
comment:6  
[気象予報士
comment
はじめまして。
 当然の訪問失礼いたします。
偶然に貴ブログにたどり着きました。
試験お疲れさまでした。
 成蹊大学の受験でしたのですね。
私も二年前の第35回の試験の会場が成蹊大学でした。
とても素敵な感じのキャンパスでした。
 さて、今回は実技のみの受験とのこと、実技はホントに
時間との闘いですね。
 合格発表までは落ち着かないでしょうが、合格後も
予報士の知識の基礎としての学科的知識は必要でしょうから、学科の復習くらいの軽い学習をされると良いかと思います。
  合格をお祈りいたしております。
2013/01/29 05:07 | | edit posted by 青いひまわり
Re: はじめまして。
>青いひまわりさん、コンニチワ。

初めまして!コメントありがとうございます。
合格発表まで本当に落ち着きません ^^;;
早く合格しないことには、先に進めないような気がして T-T;;
先生からは、「試験に必要のないことは今はこだわらずに、気になることは合格してから好きなだけ勉強してください」と言われてしまいました。

それにしても、、自己採点するのも怖いし、でもどうせ落ち着かないので、基礎知識の復習をするというのはとても良いですね。
買ったけど一度しか読んでない、一般気象学をこの期間を使ってゆっくり読み返すことにします。
素敵なアドバイスをありがとうございました!
2013/01/29 12:03 | | edit posted by Keiko
気象予報士試験、お疲れ様でした!
今回は午後からの試験だったので、吉祥寺の街中をのんびりと歩きながら成蹊大学まで行ってきました。天気も快晴で吉祥寺まで電車で向かう途中、富士山がハッキリと見えて気持ち良かったです。
教室の中は暖かかったですね。気合入り過ぎていたせいか私は暑くて上着一枚で受験しましたよ。暖かすぎてちょっとボーっとしちゃったかも…。隣の人が消しゴム使うとかなり机が揺れるのが少し気になりましたけど、他は特に気になることも無く快適な環境で試験が受けられました。

出来たと言えば出来たということであれば、良い結果に結びつくかもしれませんね!
出来たと言えば出来ない!それが試験後の自分の感想です(笑)
前回の8月の試験以上に手応えがなく、大雑把に計算しても50点くらいしか取れてないかもしれません…。実技1では、作図と計算問題に泡食ってしまい冷静さを失ってしまったような気がします。温度傾度の計算問題も勝手に難問と思い込んで飛ばしてしまったのですが、試験後に解いたら驚くほど簡単でもったいないことしましたv-12
実技2も実技1の出来を引きずってしまったような感じで、実力の無さをもろに露呈してしまいました。

実技試験は、プレッシャーの中でどれだけ事務処理能力を発揮できるかを試される試験だと思いました。落ち着いてやれば割とやさしい問題ばかりだし、奇問・難問はほとんどないような気がします。そんな中で力を発揮できなかったことは自分の実力なので、もう一度基礎からやり直して土台を固め自信をつけてから、またチャレンジしたいと思います。私も完全に理解してない一般気象学から復習したいと思っていたところです^^ まぁ合格発表まで何が起こるか分からないので、0.1%ぐらいの期待を持って3月の発表を待ちたいと思いますが、万が一こんな出来で合格したとしたらそれはそれでショックかもしれません^^; 合否にかかわらず、長い目で考えて、お互い落ち着いて頑張っていきましょう!
2013/01/29 20:47 | | edit posted by うり
Keikoさま

受験おつかれさまでした。
出題者の意図が掴みきれず、非常に悩ましかった問題も
ありましたが、after carnivalですね。。。
あわよくば今回で終わらせたいところですが、
合格基準は、どれくらいなのか全く見当がつきません。

Keikoさんの山の記事も読ませていただきました。
私は、バックカントリー下り派なので、
登りは、修行にしか感じられないのですが、
白馬岳の記事は、初冬の白馬岳→槍温泉ツアーの
記憶が蘇りました。槍温泉が、ただただ熱かったという
記憶なんですけどね。
知人の山趣味、天気趣味な方は、登山前に安定層高度や
大気下層の湿り気などを考察して、いつ頃から
どの高度で雲がで始めるなど、自分なりの天気予報を
たてて、登山を楽しんでいるとおっしゃってました。
素敵な山の楽しみ方だと思いました。
発表まで、しばらくありますが、お仕事や山楽しんでください。
Blog楽しみにしています。

それでは
2013/01/30 00:16 | | edit posted by うぽ
>うりさんへ

試験おつかれさまでした!!!

私も電車から富士山を眺めていましたよー。とても良いお天気でしたよね。
確かに消しゴム使う時って、勢いすごくなってしまうかも・・・私も記述の解答をまるっと書き直すとき、グォーってスゴイ勢いで消しゴムを 使ってしまいましたorz

「実技試験は、プレッシャーの中でどれだけ事務処理能力を発揮できるかを試される試験だと思いました。」
まさにその通りだと思いました!知識もさることながら、短時間での正確な事務処理能力を一番要求している試験ですよね・・。
基礎知識を再度しっかり固めて、あとはやはり模擬試験などで、本番の緊張感や時間感覚などを味わったほうが良いのでしょうかね。
この次チャレンジするにしても、この正確な事務処理能力を鍛えるにはどうしたらいいのか、悩ましいところです。
たくさん気象図を見てとにかく慣れることで何とかなるものなのかどうか・・・。

私ももちろん合否に関わらず継続して学んでいきたいと思っています。
うりさんも一般気象学ですね!!
1月は結構根つめてしまったので、私もしばしコーヒー片手にゆったり読む日々にしようと思います。

これからも頑張っていきましょう!
2013/02/01 13:54 | | edit posted by Keiko
>うぽさんへ

試験おつかれさまでした!!!
合格発表、ドキドキしますね・・・。
自己採点するかしないか・・・どうしましょ。

槍温泉は熱かったですか(笑)。
私も是非一度行ってみたいと思っています。
それにしてもバックカントリーなんて憧れます。
私は登山の帰りにザックとスノーシュを背負ってゲレンデをショートスキーで滑走してみたことがあるのですが、ゲレンデを大回転しながら落ちていきました。それ以来滑るのはやめました。
雪山へ行くときは、あのお尻で滑る丸いヤツを持っていきます ^^;;

知人の方も素敵ですネ!
登山だと、850hPa面あたりをウロウロすることはよくありますので、そういう風に天気予報を立てたりするのは楽しいですよね。
なかなか700hPa付近までいくことは稀ですが ^^;;

Blogはもう少し頻繁に更新できたらよいなとは思いますが・・、
時々でも見てやってくださいませ。
2013/02/01 14:17 | | edit posted by Keiko
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。